映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

結婚指輪物語のあらすじネタバレ感想!異世界ラブコメ作品

weddingring2
高校生のサトウには野中姫乃(のなか ひめの)という幼馴染がいました。

彼は姫乃をヒメと呼び、彼女への恋心を大切に温めていました。

ヒメは日本人離れした髪色に顔つきをした不思議な女の子です。
両親もおらず、おじいさんと二人で暮らしています。

そんな彼女が首から下げている二対の指輪のペンダント。

サトウは昔、彼女にこんなことを言われました。

「大きくなったらわたしと結婚してくれる?」

サトウは今でもその言葉を覚えていますが、
ヒメがそれを覚えているのかはまったく分かりません。

スポンサードリンク

彼女との距離がなかなか縮まらないことに悶々としていると、
ヒメから夏祭りに一緒に行こうと誘いを受けます。

ヒメとまるで恋人のような時間を過ごすサトウ。

しかし、別れ際に彼女が放った言葉は思いがけないものでした。

「わたし、明日引っ越すんだ」

突然のことにサトウは呆然とします。

結局、ヒメに気持ちを伝えることはできませんでした。

その晩、サトウは山の中に輝く不思議な光を見つけます。

気になってその場所に向かってみると、そにはヒメの姿がありました。

不思議な光の中に足を踏み出そうとするヒメを見てサトウは言います。

「ヒメっ、行くな!」

その光景を見て、サトウはヒメとの出会いの記憶を思い出しました。

彼女は異世界からやってきた異世界人だったのです。

ヒメは強がるように笑いながらサトウに言います。

「実はね、わたし、結婚するんだ」

涙を流しながら光の中に消えていくヒメ。

サトウは彼女を追いかけ、その光の中へと飛び込みます。

光の先にあったのは教会のような場所。

そこにはヒメの他にもたくさんの人間がいて、結婚式の様相を呈しています。

すると、突然天井を破って大きな魔物が現れます。

「深淵の魔物だ!」

今までヒメの祖父を演じていた賢者アラバスタが立ち向かいますが、
一瞬の隙を突かれ、魔物に吹き飛ばされてしまいます。

丸腰ながらも、ヒメをかばうように立ちはだかるサトウ。

そこへヒメが駆け寄ってきて、彼に口づけをします。

するとサトウの指に指輪がはまり、不思議な力が湧き上がってきます。

渡された剣を手に魔物に立ち向かうサトウ。
彼は見事に魔物を倒してみせます。

力を使い果たしたサトウが目覚めると目の前にヒメの顔が。
ヒメの話によるとそこは王夫婦の寝室。

そう、ヒメの口づけによって二人は夫婦になってしまったのです。

「ごめん!わたしサトウのこと勇者に選んじゃった」

特殊な結婚指輪を持つヒメと結婚したことによって、
サトウは魔物を打ち倒す力を持つ勇者に選ばれてしまいました。

どこの者とも知れないサトウに対し、臣下の者たちは不満を見せますが、
サトウは自分が勇者であることを受け入れ、世界を救うことを決意します。

スポンサードリンク

国民たちから指輪王として崇められるサトウ。

彼は盛り上がる国民たちを前に高らかに宣言します。

「俺は異世界からこの世界を救いに来た勇者サトウだーっ!」

しかし、ヒメは自分のせいでサトウを巻き込んでしまった責任を感じます。

そんなヒメを見てサトウは力強く言います。

「俺にしかできないことがあるなら側にいるさ」

優しくもたくましいサトウの姿を見て、ヒメは昔のことを思い出します。

小さな頃、いじめられていたヒメを救ってくれたサトウの姿を。

あくる日、サトウたちの城にまたも魔物がやってきます。

指輪の力にヒメとの絆の強さを合わせて、サトウは魔物を次々倒していきます。

ところが、そこに強力な魔物である深淵王の騎士が現れます。

とてつもない魔法の威力に為す術なくやられてしまうサトウ。

ヒメとアラバスタらに連れられ、サトウは外へと逃げ出します。

アラバスタの話によるとサトウの力はまだまだ弱く、
このままでは魔物の王である深淵王に勝つのは難しいとのこと。

「その力を完全なものとするにはあと四つの指輪が必要なんじゃ」

ヒメがくれた結婚指輪は他にも四つ存在し、
それぞれの指輪をそれぞれの姫が管理しています。

「サトウくんにはこれからさらに四人の姫と結婚し
指輪を授かってもらうことになる」

突然、他の姫とも結婚をするよう言われ、戸惑うサトウ。

その様子を見て、ヒメはなにやら不満そうな表情を浮かべます。

旅先の宿で寝室をともにすることになったサトウとヒメ。

サトウの戦いの傷を見て、ヒメはまたも責任を感じ、
部屋から飛び出してしまいます。

すぐさまヒメを追いかけるサトウ。

泣きじゃくる彼女を安心させるために、力強く言います。

「俺は、ヒメが好きだ!」

その言葉を聞いて、ヒメもサトウへ自分の気持ちを伝えます。

ヒメはサトウを巻き込んだ責任と、彼が他の姫と結婚することに対する不満とで、
彼に向き合うことをこれまで避けていました。

ですが、サトウの告白を聞いて、ヒメもようやく覚悟を決めました。

「サトウ……わたしを改めてあなたのお嫁さんにしてくれる?」

照れるようにはにかむヒメの言葉を聞いて、サトウは嬉しそうに頷きます。

サトウとヒメの不思議な新婚生活はまだまだ始まったばかりです。

今後の気になる展開

晴れて気持ちの面でも本当の夫婦になれたサトウとヒメ。

サトウたちは二つ目の指輪を手にすべく、エルフの国へと向かいます。

そこで出会ったエルフの姫様はとんでもなく人見知りでその上、引きこもり。

その兄がまたとんでもないシスコンで、指輪を手にするには相当の苦労が……。

さらに使命のためとはいえ、他の姫と夫婦になるサトウに対し、
ヒメも嫉妬を露わにし始め、事態はしっちゃかめっちゃかに。

サトウは無事、結婚指輪を集めることができるのでしょうか。

「結婚指輪物語」は月刊ビッグガンガンで連載中のラブコメファンタジー漫画です。

アニメ化もされた「黄昏乙女×アムネジア」のめいびいさんが作者です。

この漫画の設定はまさにハーレムものの王道と言っていいものです。

勇者の使命から複数の女の子と関係を持つサトウが羨ましい限りです。

ヒメをはじめとしたお姫様たちもどこか癖があって魅力的ですし、
めいびいさんの情感的な描写も相まって思わず興奮してしまいます。

最近人気の異世界転生ものとしても楽しめますし、かわいくて魅力的な
女の子を楽しむこともでき一度で二度おいしい作品ですね。

スポンサードリンク