映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

私の少年のあらすじネタバレ感想!18歳差の二人の関係に心を締め付けられる

watashinoshonen
30歳にして独身のOL多和田聡子は出勤の道すがら、
公園で一人さびしくサッカーの練習をしている少年を見かけます。

そのときはそれほど気にもとめなかったのですがその夜、
その公園に立ち寄って一杯やっていると、足元にサッカーボールが転がってきます。

今朝見た少年が夜になってもそこで練習を続けていたのです。

スポンサードリンク

大学時代フットボールサークルに所属していた聡子は、
酒の勢いも借りてそのボールを蹴り上げ、華麗なリフティングを披露します。

「すごいすごい!プロの人ですか?」

それを見て驚く少年の顔は美少女に見間違うほどの美しいものでした。
その美貌に衝撃を受けつつも、聡子は少年の練習に付き合うことに。

しかし、もう夜も遅い時間、聡子は少年の両親が
心配しているのではないかと思い帰るよう促します。

その翌日の夜、聡子は再び公園へと向かうのですが、
そこには怪しげな男性に声をかけられている少年の姿が。

「ゆ、ゆーくん、帰るよぉ〜!」

咄嗟に少年の母親をよそおって声をかけると、男は逃げていきました。

「今日はもう帰りなさい。それにもうここで夜遅くまで練習しちゃダメ、いい?」

聡子は少年を心配し、そう言いつけます。

「でも家でやったら怒られるし、来週の金曜日が本番だから……」

少年は早見真修(はやみ ましゅう)と名乗ります。

彼は12歳の小学6年生で、サッカークラブに所属しているそうです。

聡子はその熱意を買って、この公園で一緒に練習することを提案します。

それを聞いて真修は大喜び。

それから、聡子と真修の練習の日々が始まります。

スポンサードリンク

聡子は定時に仕事を切り上げ、毎日公園に向かいます。

ときには熱がこもりすぎてうっかり遅くまで練習してしまうことも。

「やばいなあ、お母さんに怒られたらごめんね」

聡子が謝ると、真修は複雑な表情を浮かべます。

「大丈夫です。母さんいないから」

その答えで、聡子は真修の家庭が複雑な事情を抱えているのだと気づきます。

一方、会社では上司であり元カレでもある椎川文貴(しいかわ ふみたか)が
聡子にしきりに飲みに行こうと声をかけてきます。

すでに未練は断ち切っているものの、どことなく複雑な感情を抱いている聡子は
その誘いを度々断りますが、最終的には押しの強さに負けてしまいます。

椎川の待つお店に向かうと、そこで待ち受けていたのは、
結婚指輪をはめた椎川とその婚約者と思われる女性でした。

もう好きでもなんでもなかったはずなのに驚くほどにショックを受ける聡子。

その日はちょうど、真修の所属するサッカークラブの
レギュラーテストが行われる日でした。

帰り道、公園に立ち寄ると、そこにはうなだれる真修の姿がありました。

「レギュラー、ダメでした」

落ち込む真修を励まそうと聡子は声をかけます。

しかし、真修が落ち込んでいる理由はそれだけではありません。

「辞めなきゃいけないんです」

親の意向で、彼はレギュラーを取れなかったら
サッカーを辞めると約束させられていたのです。

よく見ると真修はいつもと同じ服を着ていて、
さらにはお風呂にも入っていない様子。

心配した聡子は、彼を連れて自宅へと帰ります。

真修をお風呂に入れている間に、聡子は居眠りをしてしまいます。

目覚めると目の前に真修の顔があって、聡子は驚き飛び退きます。

真修を目の前にしながらも浮かんでくるのは椎川の顔。

好きでもないし未練もなかったはずなのに、
椎川のことを思うと涙がとめどなく溢れてきます。

真修はそんな彼女を抱きしめて、言います。

「お母さんが悲しい時は人の心臓の音を聴くといいって」

その言葉と温もりで聡子は涙を拭い、真修に言います。

「ここまで続けてきたのはあなたよ。終わらせるのもあなたでいいの」

親の意向で辞めなくてはいけないとしても、真修の顔を見れば、
彼がサッカーを続けたいことなどすぐにわかります。

自分の気持ちを押し殺していた真修は、
それを理解してくれた聡子の温かさに触れて涙を流します。

聡子の腕の中でで子供らしく泣き続ける真修。

その光景はまるで子供を抱き締める母親のように美しいものでした。

今後の気になる展開

聡子の言葉でサッカーを続けることを決意した真修。

ですが、父親は真修のサポートを一切してくれません。

遠く離れた試合会場にも自転車で行こうとする真修を見かねて、
聡子は車で彼を試合まで送っていくことに。

それを機に聡子と真修の関係はまるで他人とは
思えないほどに親密なものになっていきます。

しかし、それでも二人の関係は他人以上の何者でもありません。

血の繋がりも、恋人としての関係も二人の間には存在しないのです。

真修に幸せになって欲しいと願う一方、自分がこれ以上、
真修の生活に踏み入ることは許されるのだろうかと聡子は悩みます。

聡子と真修の不思議な関係はどのような結末を迎えるのでしょうか。

「私の少年」は月刊アクションにて連載中の漫画です。

このマンガがすごい!2017オトコ編では見事第2位に選ばれています。

この漫画を一言で表してしまうならおねショタ漫画と言えるでしょう。

しかし、実際はそんなジャンルで一括りにできないような
複雑な感情が渦巻く繊細な漫画です。

真修のことを想いながらも、立場上その距離感をどう取るべきか苦悩する聡子。

親からの愛情に恵まれず自分を特別に扱ってくれる聡子に惹かれる真修。

ともすれば犯罪的とも言える歳の差を抱えた二人の関係を
実に微妙なバランスで描くその描写力は正に秀逸の一言。

また巻末の裏話でも描かれていますが、真修の美少年ぶりには特別に
力が注がれておりショタ好きの方にも満足してもらえる出来になっています。

歳の差を抱えた男女の繊細な物語に心惹かれる方に読んでいただきたい漫画です。

スポンサードリンク