映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

実写映画「テラフォーマーズ」の続編予定は?2の公開に期待!

冷静に考えると逆に可哀想な気もしてくるのですが、
無条件で忌み嫌われる虫の代表格であるゴキブリ

そんなゴキを漫画の題材にするという試みで多くの
センセーショナルを呼んだのが「テラフォーマーズ」です。

しかしその波紋は漫画だけにとどまらず実写映画化され
2016年の春に公開される運びとなりました。

管理人は先日、この映画を観てきたばかりなのですが、
大方の予想通りなんとも強烈な作品でした。

実写映画「テラフォーマーズ」のネタバレと感想-ゴキブリの津波が圧巻

詳しいレビューは上記の記事を参照していただくとして、
今回は続編が製作されるのかどうかを占いたいと思います。

というのも実写化された本作は原作でいうところの1巻までの内容で、
映画のラストも続編を匂わせるような終わり方だったからです。

※本記事を執筆している現在、コミックは19巻まで発売されています

続編の製作には様々な条件が必要になってくると思うのですが、
今回は興行収入と三池崇史監督のスケジュールという観点から予想してみます。

それでは早速!

スポンサードリンク

続編が決定した映画の興行収入

okane近年、公開された映画で続編が決定もしくは既に公開された
作品をいくつかご紹介すると下記のようになっています。

①るろうに剣心(2012年):30.1億円

②暗殺教室(2015年):27.7億円

③土竜の唄(2014年):21.9億円

④図書館戦争(2013年):17.2億円

⑤新宿スワン(2015年):13.3億円

⑥闇金ウシジマくん(2012年):4億円

⑦変態仮面(2013年):2億円

るろうに剣心なんかは3作合計で120億円を突破する
異例の大ヒット作となりましたが、変態仮面のように少数の
劇場だけで公開された作品も続編が決定していたりします。

テラフォーマーズの知名度から考えると
新宿スワンの興行収入くらいには並びそうですので、
観客の動員数という観点からは充分にクリアできそうです。

三池崇史監督のスケジュール

calendar仮に続編の製作が決定したとして同じ監督がメガホンを握る
必要は必ずしもないのですが、一応参考材料として
三池監督の今後のスケジュールをご紹介いたしますね。

無限の住人

木村拓哉さんとタッグを組むことで注目を集めている
「無限の住人」は2017年の公開が予定されており、
撮影自体は既にクランクアップしているようです。

土竜の唄(続編)

ジャニーズ所属の俳優がここまでやるのかとギリギリの
ラインを攻めた映画「土竜の唄」ですが、こちらは再び
三池監督と生田斗真さんがタッグを組むようです。

撮影開始は2016年内を予定しているようで、
本記事を執筆している現在はまだクランクインの
ニュースは届いていない状況です。

現時点で公表されている監督のスケジュールから考えると
「テラフォーマーズ」の続編が舞い込んできたとしても
公開は2017年の下半期か2018年までずれ込みそうですね。

総括

実写版テラフォーマーズのラストは主役の小町小吉(伊藤英明さん)が、
再び火星に戻ってくるという力強い決意で締めくくられているので、
私以外にも続編を期待する方は多いと思います。

ただ続編が決定したとして原作のどの辺りまでを描くのか
考えてみたところ話が膨らみすぎて正直難しい気もしています(汗)

実写映画「テラフォーマーズ」のネタバレと感想-ゴキブリの津波が圧巻

とはいえ前評判を遥かに上回る興行収入を叩き出せば、
自然と続編の話は進むでしょうから大ヒットを祈願して
今回の予想を終わらせていただきたいと思います。

スポンサードリンク