映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

七つの大罪の紋様の種類(象徴動物)!紋様の位置に意味はある?

七つの大罪といえば色々な謎・伏線が散りばめられた
冒険ファンタジーとして人気を博していますが
彼らの紋様にも何かしら意味があるのでしょう。

今回は2015年3月現在分かっている紋様の種類と
その位置についてまとめてみました。

それでは早速!

七つの大罪の紋様の種類と位置

メリオダス

七つの大罪の団長であるメリオダスはピンチに陥った時
額の右側に紋様が登場しますよね。

そしてそれは龍の紋様だといわれています。

メリオダスは憤怒の罪の持ち主でありますが、
1589年にドイツのペーター・ビンスフェルトという方が
著した著作の中ではドラゴンが憤怒を象徴する
動物として取り上げられています。

ディアンヌ

ディアンヌのは嫉妬の罪ですが、嫉妬を象徴するのは蛇

この蛇の紋様が太◯もにありますね。

スポンサードリンク

バン

バンは強欲の罪(フォックス・シン)ですが、
フォックスというのは英語でキツネを意味します。

そして実際に強欲の象徴するところの動物として
狐が取り上げられています。

ちなみに紋様の位置は左の脇腹あたりですね。

キング

キングは気を緩めている時には熊のような
大男の姿をしていますが、紋様も熊

ふくらはぎの位置にあります。

ゴウセル

ゴウセルの色欲の罪が象徴する動物は山羊です。

そしてその紋様は鎖骨あたりに位置します。

マーリン

マーリンは暴食の罪ですが、暴食と聞いて真っ先に
連想する動物は豚が多いんじゃないかと思います。

そんな豚の紋様が首に存在しますね。

残された最後のメンバーであるエスカノールに
関しては正式な紋様の種類と位置は明かされていません。

紋様はライオンでほぼ確定だと思うんですけどね^^;

上記でまとめたものが紋様の種類と位置の一覧となりますが、
紋様の種類がペーターさんという方の著作が元ネタとして
位置には何か意味があるのでしょうか?

いくつかを強引にこじつけて考えてみると、

メリオダスの紋様が額にあるのは、怒ることを
よく頭に血が上るといいますが憤怒の罪より
頭に近い位置にあるのかなと。

マーリンの紋様は首の位置ですよね。
そして罪は暴食の罪

食べ物は口から入って喉(首)を通りますから
そういう意味で首なのかなと。

ゴウセルの紋様は鎖骨付近で罪は色欲です。

ゴウセルの性別は男だとされていますが、
外見は女っぽいですし鎖骨はセクシーですよね。

…と、まあ色々とこじつけて考えてはみたのですが
あまりしっくり来ませんね 苦笑

ですか紋様の位置にはなにかしら意味があるのは
間違いないと思っています。

いずれ作中で紹介されるのを楽しみに
待ちたいと思いますー!

スポンサードリンク