映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

映画「忍びの国」のあらすじネタバレ結末

和田竜の同名歴史小説を原作とした映画で、
嵐の大野智を主演として2017年7月1日に公開されました。

監督は「殿、利息でござる」の中村義洋が務めています。

スポンサードリンク

あらすじ

伊賀の下忍無門(大野智)は伊賀きっての使い手だが、お調子者。

武将の娘・お国(石原さとみ)を他国からさらってきて勝手に妻にしているが、
お国からは「もっと稼げ」といつも言われています。

ある日、下山甲斐(でんでん)の次男・次郎兵衛(満島真之介)と
些細なことで戦い次郎兵衛を殺してしまいます。

次郎兵衛の兄の平兵衛(鈴木亮平)は無門と息子が
殺されてもなんとも思わない父親を嫌います。

そのころ、全国統一をたくらむ織田信長の次男・織田信雄(知念侑李)は
伊勢の北畠具教(國村隼)を討ち果たし、次の標的として伊賀を狙います。

信長から伊賀攻めをするなと言われているにもかかわらず、
伊賀から寝返った平兵衛に焚きつけられて伊賀攻めを決意します。

伊賀では百地三太夫(立川談春)をはじめとした十二家評定衆が
織田軍との戦いを避け、和睦しようとしていました。

そこへ織田軍の伊賀侵攻の知らせが入ります。

百地らは逃走した下忍を見捨てて無謀な戦いを仕掛けるが、作戦を見破られて苦戦します。

そこへ無門が北畠家から持ち帰った家宝の茶器を餌に下忍たちをまとめ、
伊賀を挙げて織田との戦いに突入します。

伊賀の忍者たちの作戦が功を奏し、織田軍との戦いは勝利します。

無門は平兵衛を討ち果たしますが、そもそもの作戦を立てた
百地ら十二家評定衆に歯向かっていきます。

無門を守ろうとして毒矢で殺されたお国を抱え、無門は伊賀を後にします。

スポンサードリンク

見どころ

原作の和田竜作品は「のぼうの城」が野村萬斎主演で映画化されており、
今回も嵐の大野智をうまく使って娯楽作品に仕上げています。

当代人気絶頂の伊勢谷友介、鈴木亮平、満島真之介、知念侑李、石原さとみら
若手俳優陣に加えてベテランの立川談春、でんでんなどが脇を固めています。

大野、知念のジャニーズ勢が主役と敵役に分かれて戦うので、
若いファンとしてはどちらに加担するか意見の分かれるところです。

自分は○○(俳優)のファンだから××(配役)に
加担して見ようという楽しみ方もあると思います。

感想

主役の無門を演じた大野は軽快な演技で、TVドラマ「怪物くん」の
ひょうひょうとした演技も上手かったのですが、より軽妙さを増したように思います。

戦いのさなかでも不敵な笑いを浮かべているところは
自分の技に自信があるためか、世の中を甘く見ているのか、

それでいて奥方の石原さとみには頭が上がらないところなど、
世の亭主そのままの姿をうまく演じています。

石原さとみは元は武家の出ですが、美しい顔とは裏腹に
亭主に金をせびるおかみさんに徹しています。

こんなところもやはり共感を呼びます。

対して平祐奈は北畠具教の娘ですが、父を殺した夫を恨み無門に敵を討つ依頼をし、
自刃するなど武家の娘らしいの一途な姿とは対照的です。

無門はこういう二人の間でどっちつかず迷い。

敵討ちの代償としてもらった家宝の茶器を戦わずに
持ち逃げしようとするなどせこい人間として描かれています。

しかし最後は非情な忍者に嫌気がさし武士の生き方に共感したのでしょうか、
伊賀を捨て、人間らしく生きる決心をします。

金で動き裏切りなど日常茶飯事の忍者たちと、
主従の義を大切にする織田家臣の対照的な描き方が面白く感じました。

夏休みの子供向けの映画のため善悪がはっきり描かれているのはよいのですが、
主役の属する伊賀が普通は正義であるところを逆の発想で伊賀が悪者、
敵方の織田軍団が善良な人々という描き方も期待を裏切るものでした。

スポンサードリンク