映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

映画「三度目の殺人」のあらすじネタバレ感想

(出典:eiga.com

ベネチア国際映画祭に出品して話題になった福山雅治、役所広司主演、
是枝裕和監督の法廷サスペンス。2017年9月9日に公開されました。

スポンサードリンク

三度目の殺人のあらすじ

河原でガソリンをかけられて焼◯した遺体が見つかり、
被害者に解雇されて恨みを持つ元従業員の三隅(役所広司)が逮捕され、犯行を認めます。

三隅には前科もあり、二度目の逮捕であることから死刑の判決は間違いないとされます。

弁護を引き受けた重盛(福山雅治)は三隅の証言から動機が見いだせず、
なんとか怨恨の線で無期懲役に持ち込めないかと調べ始めます。

接見していく中で三隅は被害者の妻・美津江(斎藤由貴)から
依頼を受けたと証言を変えます。

依頼のメールや前報酬の50万円が振り込まれた通帳も証拠として見つかります。

主犯が別にいて共犯だという線に切り替えて弁護をしようとしますが、
次の接見で三隅は今度は「無実だ」といいだします。

実は被害者の娘・咲江(広瀬すず)が父親から暴行を受けており、
咲江の犯行を三隅がかばっているか、
あるいは咲江と三隅の共同犯行であるという可能性も見えてきました。

真実の探求は二の次で依頼者の利益を第一に行動するのが
弁護士だと考えていた重盛ですが、その信念が揺らいできました。

公判で三隅に無罪の証言をされ対応に困った
裁判長は別室で検事、弁護士と共に協議します。

当初からの予定通り有罪の線で続行することで三者は納得します。

判決は求刑通り「死刑」でした。

真実は謎のまま残ったのですが、次の仕事が待っている弁護士としての
自分はこのままそっとしておくべきと考え、
「人が人を裁くこと」の重大さを痛感した重盛でした。

スポンサードリンク

見どころ

証言がコロコロ変わり得体の知れない
犯人役を大ベテランの役所広司が演じました。

対する弁護士役が福山雅治で、是枝監督とは二度目の共演です。

仕事に打ち込む生真面目さとドライな面をともに持ち合わせ、
家庭的にも問題を抱えているという、テレビや映画の『ガリレオ』で見せた
スマートでカッコいい福山から内面で葛藤し苦悩する福山に変身しました。

何度にもわたる接見のシーンで犯人役の役所と弁護士役の福山がパーティションを
隔てて真横から左右に対峙する場面の両者の演技が本作品の見どころといえます。

有望な若手というよりすでにベテランの域に達したといえそうな
弱冠19歳(撮影時は18歳?)の広瀬すずは『海街diary』で
是枝監督に見いだされ、この映画に出演しました。

犯人をかばって証言しようと揺れる少女の心の動揺を絶妙に表現しました。

映画を観た感想

9月5日夕方(現地時間)にイタリア北部の
ベネチア国際映画祭で公式上映が行われました。

賞は獲得できなかったものの、
上映終了後スタンディングオベーションを受けました。

私の見た映画館では拍手は起こりませんでしたが、
きっと初日の舞台挨拶のある映画館では観客から拍手を受けたと思います。

是枝監督はカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した『そして父になる』など、
近年は家庭内のリアルな人間関係を描いて高評価を集めています。

本作品は1年以上もかけて書き上げた監督オリジナルの脚本で挑みました。

この作品は法定サスペンスかと思いきや、人間が人間を裁くことの是非、
真実を突き止めることが司法の目的なのか、それとも真実はどうであれ

裁判官、検事、弁護士が一体となって予め決まったレールの上を
ルーチン的に進めていく現実を肯定すべきか、
そんな主人公重盛の心の中の問いを観客に投げかけているように思います。

スポンサードリンク