映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

女って面倒くさい?映画化ピースオブケイクのネタバレ含む感想

2015年9月、多部未華子さん・綾野剛さん
旬のお二人で映画化されることが決定している
「ピースオブケイク」

pieceofcake3 多部さん演じるヒロインの梅宮志乃が恋する相手、
坊主頭にヒゲ面のレンタルビデオ屋の店長 “菅原京志郎”を
綾野さんが演じるとあって少々驚きではありますが
予告を観た感じでは結構様になっていましたね。

アンフェア the endの黒幕はこいつ!ネタバレと感想

今回は映画化に際してピースオブケイクってどんな話なの?
と気になっている方の為にあらすじから結末までを
ご紹介したいと思います。

それでは早速!

ピースオブケイクのあらすじ

ヒロインの梅宮志乃はバイト先で知り合った正樹と惰性で
付き合い続けていたものの、突然別れを切り出されます。

同じ時期に職場で盗難トラブルが重なったこともあり、
梅宮は心機一転引っ越しを決意します。

引越し先は叔父が経営するアパート

その引越し先で隣人となったのが菅原京志郎

坊主頭にヒゲ面という外見とは打って変わって
爽やかな笑顔が印象的な30男

スポンサードリンク

梅宮は早速、新しいバイト探しを始めレンタルビデオ店に
面接に行くのですがそこで出会った店長が
隣人の菅原だったのです…

遅番の時は気を遣って一緒に帰ってくれる
菅原の優しさに梅宮は次第に惹かれ始めます。

しかし菅原には成田あかりという同棲中の
彼女がいる為、

意を決して告白するも、

「…あんたは 困る…」

と一蹴されてしまいます。

その後、二人の間には若干気まずい空気が漂うのですが
映画制作に励んでいたバイト君がトラブルに巻き込まれて
急にシフトを放棄した時なんかに怒るでもなく事情を察して
レジの現金を手渡したりと男気のある姿にときめいてしまう梅宮
(現金はあとで菅原が立て替えてます)

しかし、そんな関係に思わぬ進展のチャンスが…

店長の菅原と同棲していたあかりが家出をします。

door

菅原が調べたところ名前も偽名であったようで、
ショックで脱力したのか寂しさをまぎらわすために
梅宮を求め始めるのです。

相変わらず、あかりは姿を見せず付き合うことになった
梅宮と菅原

シフトの時間を合わせたり休日を合わせたりと
ベタだけど時間が止まって欲しいと思うような
幸せなひと時を過ごす梅宮

幸せゆえに梅宮の脳裏によぎった言葉があまりにも
共感してしまったためご紹介

今が幸せだと好きだと感じるほど 恐くて恐くて恐くて
不幸の準備をしてしまう

そう、梅宮は何時ぞやふらっと帰ってくるかもしれない
あかりの存在に不安を感じているんですね。

そんな折、アパートの取り壊しが決定し一緒に
新しい部屋を借りる約束をした二人

梅宮はあたらに劇団の衣装担当のバイトも始め
すべてがうまく回り始めたと思いきや…

偶然手に取った渋谷ナオミ名義の小説がなんと
菅原のもとを飛び出した成田あかりの著作だったのです。

book

タイミング悪くビデオ店の従業員の薦めもあって
菅原もその本を読むことに…

そこにはあまり多くを語らなかったあかりの
人生が断片的に描かれていたのです。

そして、小説内でも語られていた実の母が
亡くなったと再び菅原の前に姿を現したあかり

これは本当にずるいよな…と思ったのですが、
やはり嫌いで別れたわけではないので菅原も
心配であかりの元を度々訪れるようになります。

そんな菅原の行動を不審に思って携帯を
チェックした梅宮はすべてを悟ります。

菅原のことを信じられなくなった梅宮は
レンタルビデオ店のバイトも辞め菅原とも
距離を置くことに…

そこからはバイト先の同僚であった川谷拓と
また惰性の関係を結んでしまうんですねー

まあ、客観的にみたら梅宮は裏切られた立場ですし
誰か優しくしてくれる人がいたらふらっと流されても
致し方ないのかもしれませんが(汗)

ただそんな関係も早々と終焉を迎えます。

ピースオブケイクの結末

月日は流れ菅原と距離をおいて一年半…

取り壊されたアパートの前で偶然、菅原と再会を果たします。

思わず逃げ出してしまった梅宮を追いかけ
抱きしめる菅原

俺がんばるよ 一緒に全部笑い飛ばせるように

一緒にいたいんだ志乃ちゃん だから志乃ちゃん

色んな事全部ひっくるめて 俺を

俺を愛してろ

とちょっぴり自己中ながらも想いを告げるんですね。

そしてシーンは変わりまして二人の間には
かわいい赤ちゃんが!

最終回は足早な感じがしてお世辞にも丁寧に
描かれているとはいえませんが、その分読者に
想像の余地が与えられているのかなと思います。

映画の脚本ではラストをどのように描いているのかが
個人的には注目したい点であります。

ヒロインの梅宮志乃はポジティブだったりネガティブだったり
色々と面倒くさい女子なんですけれど、そういう一面って
実は誰しも持ってたりしますよね?

リア充で恋愛を満喫している方もそうでない方も
何かしら共感できる作品に仕上がることと思いますよ!

スポンサードリンク