映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

映画ワンピースのおすすめランキング!歴代人気一覧&レビュー

一人の作者が手掛けた漫画としては世界で最も売れている
コミックシリーズとギネスから認定を受けた「ONE PIECE」

今や少年漫画の枠を飛び越えビジネスマンや女性層にも
幅広く読まれている空前絶後の大ヒット作品ですよね。

スポンサードリンク

少年ジャンプにて連載がスタートしてからもうすぐ20年の月日が
流れようとしていますが、その壮大なストーリーは時を経るほど
凄みを増しているように感じます。

今回はそんな最強のジャンプ漫画の劇場版を全作レビューし、
個人的におすすめな順にランキング形式でご紹介していきたいと思います。

興行収入別のランキングや懐かしい主題歌、聞き覚えのあるキャッチコピーも
取り上げているので合わせてお楽しみ頂ければ幸いです。

それでは早速!

劇場版ONE PIECE 興行収入ランキング

eigaonepiece1

上記のランキング表をご覧いただくと明らかですが、FILMシリーズが
他を寄せ付けない圧倒的な興行収入を叩き出しています。

実際にFILMシリーズは映画館とのタイアップキャンペーンにも
力を入れていましたし、何より純粋に面白い作品に仕上がっていたので
これらの結果はごくごく当たり前なのかもしれませんね。

ということでここからは管理人が選ぶおすすめランキングです。
興行収入ランキングとの大きな違いはあるのか!?

皆さんのベストオブONE PIECEと比較しながらお楽しみ下さい。

スポンサードリンク

劇場版ONE PIECE おすすめランキング

第12位  オマツリ男爵と秘密の島

【主題歌】:「夢見る頃を過ぎても」氣志團

『史上最大の笑劇!!』

エステにスパに豪華な食事、さらには美女がお出迎えしてくれるという
贅沢三昧のリゾート地「オマツリ島」

しかし麦わらの一味を待っていたのは、
おもてなしではなく地獄の試練だったのです…

かつて大嵐によって仲間を失った海賊団の船長が結束の固い
海賊たちを忌み嫌い次々と仲間を試すような試練を課すのですが、
どことなく盛り上がりに欠ける印象。

ルフィとオマツリ男爵の直接対決ではおびただしい数の矢が
一斉にルフィに降り注ぐという緊迫したシーンもあるのですが、

島に存在する死と再生の花リリーカーネーションのくだりが
少し謎だったり、個人的にはあまりピンと来なかった作品。

第11位  3D 麦わらチェイス

【主題歌】:「Break into the Light 〜約束の帽子〜」東京スカパラダイスオーケストラ

『世紀の冒険を、体感せよ!!!』

30分足らずの短い物語ではありますが、ワンピース初の3D作品ということで
他の劇場版とはひと味違った楽しみ方ができる本作。

ある朝、ルフィが目覚めると大切な麦わら帽子がなくなっており
ルフィは大慌て… 一味総出で大捜索が開始されます。

当初は寝静まっている船内に何者かが侵入したのではと考える一味ですが、
犯人は翼を広げると人間より優に大きい大鷲だったのです。

ここから3Dを駆使した大鷲とのチェイス(追跡)が始まるのですが、
海軍も乱入してきてドタバタ感が満載です。

ちなみにネタバレをご紹介するとこの大鷲は老犬が
トリトリの実・モデル(イーグル)を食べた姿であり、
ルフィの帽子を狙ったのには込み入った事情があったりします。

老犬とその飼主である老人との深い友情が描かれた作品でもあるので、
3Dで食わず嫌いだった方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

第10位  カラクリ城のメカ巨兵

【主題歌】:「サヤエンドウ」NEWS

『このカラクリ兵器の威力を思い知りなさい!!』

難破船の中からやっとの思いで宝箱を見つけ出した
麦わらの一味ですが、その中身はまさかのお婆ちゃん。

そのまま置いていくわけにもいかず、その老婆が生活していたという
島まで送り届けに行くのですが、このメカ島が本作の舞台。

メカ島は老婆の一人息子であるラチェットという発明家が
領主を務めており、島のあちこちに仕掛けが施されています。

そんな仕掛けをかいくぐりながら麦わらの一味は、
この島に眠ると言われる伝説の宝「金の冠」探しを始めます。

島の人々に唄い継がれている民謡をヒントにお宝の在り処を探すのですが、
これがダジャレと掛け合わされていたりとONE PIECEならではな感じです。

タイトルにある「メカ巨兵」の正体や「金の冠」の
真相については是非ご覧になってみてください。

ちなみにルフィは原作の連載でギア4まで披露していますが、
ギア2の感覚を掴む貴重な場面も描かれていますよ。

第9位  デッドエンドの冒険

【主題歌】:「sailing day」BUMP OF CHICKEN

『生き残れるか!?大海賊が競う史上最悪のレース!!』

大食漢であるルフィに食費がかかり過ぎていることもあり、
ここのところ金欠気味の麦わら海賊団。

そんなタイミングで優勝賞金3億ベリーの海賊同士のデッドレースの
話が舞い込みルフィたちは急遽、参戦する運びとなります。

スタートしてからは何でもありの掟破りのレースで、
参加者にはアーロンのライバルだったシャチの魚人
ウィリーが率いる海賊団や巨人族の漁師なんかも登場します。

ちなみにこのレースの一番人気は海軍の最大の汚点と呼ばれる
「アメアメの実」の能力者・将軍ガスパーデが率いる海賊団で
海軍の旗にバツ印をつけた海賊旗が印象的です。

ガスパーデは自らが所属していた海軍の船を乗っ取ることで
名乗りを上げた海賊でその首にかけられた懸賞金は9500万ベリー。

この時のルフィの手配書が3000万ベリーなので、
結構な強敵であることは容易に想像できると思います。

またレース以外にも感動のヒューマンストーリーが用意されているので、
そちらも併せてお楽しみいただける作品です。

第8位  ONE PIECE (2000年の映画)

【主題歌】:「ウィーアー!」きただにひろし

『伝説の大海賊ウーナンが隠した“伝説の秘宝”ついに発見?!』

記念すべき第一回目の劇場版となる本作。

麦わらの一味を見渡すとまだサンジすら登場しておらず、
オープニング曲の「ウィーアー!」も非常に懐かしいです。

本作のメインストーリーは黄金の大海賊と呼ばれた
ウーナンが残したとされるお宝探し。

噂によるとその黄金の数々は闇夜を明るく照らすほどの
莫大な量ということでルフィ達は興奮しっぱなし。(特にナミが 苦笑)

そのルフィ達の行く手を阻むのがゴエゴエの実の能力者である、
エルドラゴの一味です。

ドラゴンボールの超サイヤ人を連想させるような気を纏い、
桁外れの大きな声で目の前の物を破壊するエルドラゴ。

ウーナンのかつての旧友としておでん屋の岩蔵という男が登場するのですが、
エルドラゴは容赦なくこのおでんを踏みにじります。

それにブチ切れたルフィが取った行動には
思わず涙がほろりとしてしまうかも。

ワンピース映画の原点、是非チェックしてみてください。

第7位  珍獣島のチョッパー王国

【主題歌】:「まぶしくて」DASEIN

『ルフィ海賊団“改め”オレたち動物王探検隊!?』

海底火山の噴煙がひとつながりになって王冠のように
見える王冠島が舞台の物語。

王なる宝が眠る島といわれ意気揚々と上陸を試みる麦わらの一味ですが、
メリー号が噴火に巻き込まれてチョッパーと離れ離れになってしまいます。

時を同じくして動物王の死を悼む王冠島の珍獣たちは、
新たな王の誕生を待ちわびているのですが、そのタイミングで
空から降ってきたのがチョッパーという展開です。

急に王に祭り上げられて戸惑いを隠せないチョッパーですが、
おだてられるのに弱いところは相変わらずで、愛されキャラは健在です。

ところで本作の敵キャラは劇場版ワンピースでお馴染みの
悪魔の実を誰も食べていないのが特徴だったりします。

敵のお頭であるバトラーは発明家 & 動物学者という珍しい
肩書きなのですが、アホで大して強くないのが玉にキズです(苦笑)

その代わり王なる宝(黄金色に輝くツノ)を手に入れて
天地を揺るがす最強の力を欲しており、自身の発明したバイオリンで
ツノクイという猛獣を操ることに長けています。

本作ではバトラーに父の命を奪われたモバンビという
少年も登場するのですが、少年がチョッパーとの触れ合いを通じて
逞しくなっていくところが一番の見どころと言えそうです。

第6位  呪われた聖剣

【主題歌】:「あの場所へ」晴晴゛

『封印できぬ、運命の闘い。』

グランドラインで最も美しいと言われる伝説の聖剣「七星剣」を
求めてアスカ島に上陸した麦わらの一味ですが、実はその剣には
不吉な言い伝えがあり多くの血を吸った呪われた妖刀だったのです。

七星剣を手にしたことで元々持っていた真っ直ぐな正義感が
誤った支配欲に変貌してしまったサガという男が本作の敵キャラ。

サガは幼少期にゾロと共に剣術を学んでおり親友だったという背景も。

100年に一度訪れるという赤い満月の夜に七星剣の封印は完全に解かれてしまい、
懸賞金1億ベリーのルフィもサガに全く歯が立たない有り様です。

そんなサガに対して立ち向かのうのは勿論、世界一の大剣豪を志すゾロ。

「信じるからこそ友を斬る」

ゾロファンでなくても見逃せない作品です。

第5位  ねじまき島の冒険

【主題歌】:「Believe」Folder5

『仲間も船も、盗まれた!?』

本作の舞台はジブリ映画の名作「天空の城ラピュタ」を
彷彿とさせる幻想的なねじまき島。

このねじまき島を支配するのはカチカチの実の能力者、
ベアキングが率いるトランプ海賊団です。

ナミをトランプ海賊団の幹部にさらわれてしまった
麦わらの一味はこの島に眠るとされるダイヤモンドクロックを
狙う泥棒兄弟らとねじまき島を目指します。

この作品はサンジまでが仲間になっている状況なのですが、
ベアキングの根城にてゾロ、サンジ、ウソップの三人が敵の手に落ち、
十字架に貼り付けにされている場面がすごく印象的でした。

ゴムゴムの実 vs カチカチの実という対称的な構図も面白かったですし、

「命かけなきゃ未来は開けねぇ」

というルフィの痺れる名言が飛び出す回でもあります。

血の繋がっていないボロードとアキースの二人の兄弟の
やり取りには多くの方がほっこりとさせられるはず。

第4位  エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜

【主題歌】:「またね」DREAMS COME TRUE

『泣くな、おまえはひとりじゃない。』

原作でチョッパーとの出会いを描いたドラム王国編をもとに
映画ならではのオリジナル要素も追加されている本作。

原作との大きな違いをご紹介すると、

・ロビンやフランキーが既に仲間になっている

・ワポルの兄、ムッシュールが登場

・ルフィがギア3まで使える

といったところでしょうか。

一味の船もゴーイングメリー号ではなくサウザンドサニー号で
最初は違和感が半端ないのですが、メインストーリーは
しっかりと踏襲されているので安心して観ることができます。

青鼻のトナカイとして生まれたことで実の親から
見捨てられてしまったチョッパーの悲しい過去。

ヒトヒトの実を食べたことで人間からもバケモノ扱いされることになった
チョッパーを息子として受け入れたDr.ヒルルクの最期…

涙なしには観れない名エピソードは健在です。

バトルシーンについて言及するとワポルの兄・ムッシュールが
なかなかのくせ者でノコノコの実の毒キノコの力を駆使して
ルフィを追い詰めるシーンなんかもあったりします。

腹に溜め込んだ猛毒の胞子をばらまかれると国中が絶体絶命の
ピンチに陥ってしまうという危険な前触れにもハラハラさせられます。

最後はご存知の通り、ドラム王国の空に舞う雪がヒルルクの作った薬品で
桜のように鮮やかなピンク色に変わるあの感動シーンが控えています。

白黒の原作では描写できない美しさはやはりアニメーションならではですね。

第3位  エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち

【主題歌】:「compass」川嶋あい

『ルフィ、敗れる!』

これまでに幾多の冒険が描かれてきたワンピースですが、
その中でも名作の呼び声が高いアラバスタ王国編を
90分で振り返ることの出来るダイジェスト的な作品です。

言うまでもありませんが、ルフィが戦う相手は
王下七武海のクロコダイル。

今になって振り返ってみるとクロコダイルに懸けられた
8,100万ベリーという懸賞金はどうしても少なく見えますが、
当時はかなり絶望的に感じられる数字でした。

またスナスナの実の能力を最大限に発揮できる
砂漠の王国が舞台だったのも魅力の一つなのかなと。

アラバスタ編は多くの名言が誕生したエピソードでもあり、

「おれ達の命くらい一緒に賭けてみろ!!!仲間だろうが!!!」

「死なせたくねェから”仲間”だろうが!!!」

といったセリフは頭の片隅に残っている方も多いのではないでしょうか。

崩れゆく葬祭殿で毒針を喰らってもなおクロコダイルに挑むルフィ…

広場に撃ち込まれる砲弾を自らが犠牲になって食い止める副隊長のペル…

ビビとの別れの際にバツ印が書かれた左腕を高らかに突き上げる麦わらの一味…

本当に名シーン揃いの傑作です。

第2位  STRONG WORLD

【主題歌】:「fanfare」Mr.Children

『ようこそ大海賊時代へ』

海賊王のゴールド・ロジャーと肩を並べ今や伝説の海賊と
称される金獅子のシキが登場する作品。

映画の入場特典として「ONE PIECE 0巻」が配布される面白い
キャンペーンも行われていたので記憶に残っている方も多いと思います。

物語のメインストーリーとしては一味が航海を続ける上で欠かせない
ナミが金獅子のシキにさらわれてしまったのを奪還するという展開。

またその裏にはシキの世界政府転覆の野望も隠されており、
なかなか骨太なストーリーに仕上がっています。

本作においてシキの強さが際立つシーンとして、

「ルフィ・ゾロ・サンジ・ウソップ・チョッパ」 VS.「シキ」

というバトルシーン盛りだくさんの見どころがあります。

フワフワの実の能力を駆使して地表を隆起させライオンの
顔に形どられた地面が一斉に襲いかかる『獅子威し 地巻き』という
シキの大技によって一味はあえなく敗北を喫してしまいます。

キャラクター的におちゃらけた感じが拭えないシキですが、
この場面は伝説の海賊として圧倒的な実力差を見せつけてくれます。

ちなみにシキの声優を務めたのは俳優の竹中直人さんですが、
ギャグパートの緩い感じとドスの利いた風格を感じさせる部分共に
シキのイメージにぴったりで個人的にはかなり適役だったと感じています。

伝説の海賊を前に仲間を取り戻すべく王宮へと参上する麦わらの一味。

サンジがふすまを蹴破り8人のシルエットが映し出されるシーンは
最高にクールなのでまだご覧になっていない方は必見ですよ。

第1位  FILM Z

【主題歌】:「How You Remind Me」アヴリル・ラヴィーン

『海賊滅亡』

これまでにも海兵でありながら悪事に手を染める大佐や海軍を去り
海賊になった元少将 X・ドレークなどのキャラが登場していますが、
本作でダークサイドに陥ってしまった元海兵は半端ではありません。

元海軍大将であり全ての海兵を育てた男と呼ばれる
黒腕のゼファーが海賊や海軍に牙を向きます。

ネオ海軍という新たな組織を率いて自身をゼットと呼ぶようになった
ゼファーは新世界に三つ存在する海中のマグマ溜まり=エンドポイントを
全て破壊することでワンピースごと新世界を焼き尽くそうとします。

本作にはゼットの過去の教え子である黄猿や青雉も登場し、
中でも黄猿とは物語開始早々派手なバトルを繰り広げてくれます。

ゼットの持つ最大の武器は失った右手に取り付けられている
海楼石から作られたバトルスマッシャー。

悪魔の実の能力者が海楼石に弱いというのは周知の事実だと思いますが、
ルフィは二度に渡りゼットに敗北を喫します。

三度目の正直でゼットに立ち向かうルフィ…

酸素と反応することで古代兵器並みの凄まじい爆発を起こす
ダイナ岩で既に二つのエンドポイントを破壊してしまった
ゼットの暴走を阻止することはできるのか?

二人の男の拳と拳のぶつかり合いは必見です。

ゼットが海軍や政府に失望した理由は原作とも関係してくるので
二重の意味で見逃せない作品と言えそうです。

【編集後記】

やはり上位の1,2フィニッシュはFILMシリーズが
抜群に面白く実際の興行収入と一致する結果となりました。

ちなみに今回ご紹介した劇場版ワンピースの内10作品がHuluで見放題です。2週間の無料お試し期間中に一気見するのも良いかも!?

2016年7月にはシリーズ第3弾となる『ONE PIECE FILM GOLD』の
公開が控えているので、こちらも心躍らせながら待機したいと思います。

スポンサードリンク

     

スポンサードリンク