映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

ワンピース81巻の発売日や懸賞金10億の旱害のジャックについて

2016年夏に「ONE PIECE FILM GOLD」の公開が
発表され個人的にすごくワクワクしているのですが、

パンクハザード編で初めて名前が出た”ジャック”が本編に
登場したことにもかなりテンションが上がっております!

呼び名は旱害のジャック。

今回はジャックが登場するであろう81巻の内容を
一足先にご紹介していきたいと思います。

ちなみに81巻の発売日ですが、従来通りであれば
2016年4月3日(日)付近になると予想しています。

【追記】2016年4月4日(月)発売予定

サンジの生死はいかに!?

ワンピース81巻では長らく登場していなかった
ナミやチョッパー達との再会が収録されると思うのですが、

「サンジ君が…!!!」

とルフィに泣きつくナミが描かれています。

naku

この一コマだけを見るとサンジが生死に関わる
何かに巻き込まれたとしか思えないのですが、
サンジの現状が81巻で明らかになるか気掛かりです…

まぁ主要人物なので死ぬということは99.9%無いと思いますが、
サンジの身に一体何が起きたのでしょうか?

昼の王と夜の王が登場

無事に巨象の背中に辿り着いたルフィ達。
背中の上にはれっきとした文明があり国の名はモコモ公国。

スポンサードリンク

これからしばらくはモコモ公国を舞台に物語が
進んでいくと思うのですが、この国には

昼の王「イヌアラシの公爵」

夜の王「ネコマムシの旦那」

という二人の王が存在します。

二人はかつては親友で大海原を共に旅した海賊なのですが、
現在は◯し合いに発展しかねない程の犬猿の仲なのだとか…

おそらくゾウ編が終わりを迎える頃には、二人の王の
仲違いは解消されると思うのですが、彼らが不仲になった
理由もおいおい明かされることになるのでしょう。

ジャックは四皇カイドウの側近!

ということでここからが本題。

81巻の最大の見どころはやはり大物海賊ともくされる
ジャックの登場以外には考えられません。

wanted時は遡ってルフィ達がゾウを訪れる10日前…

モコモ公国に侵入者がやって来たことを意味する
鐘が鳴り響きます。

何を隠そうこの侵入者こそがジャックだったのです。

その風貌は既に絶滅したはずのマンモスの姿で四皇カイドウの
幹部的な存在であることが明らかになります。

その首にかけられた懸賞金は10億ベリー。
遂に懸賞金も大台に乗ったかという感じです。

カイドウの部下には「災害」と呼ばれる三人の幹部がいるようで、
旱害のジャックがこの中の一人なんだとか。

ということは10億クラスの幹部が3人いる計算になるので、
印象としては白ひげ海賊団よりも層が厚い気がします。

それはさておきカイドウがモコモ公国にやって来た理由ですが、
ワノ国の忍者・雷ゾウを捕らえることが目的のようです。

カイドウの命令で動いているのか自身の判断で動いているのかは
まだ分からないのですが、一人の忍者を捕らえるために一国を滅ぼす
気性の荒さや残虐さはしっかりと伝わってきました。

ところでジャックはモコモ公国を去った後に、
ドフラミンゴの護送船を急襲しています。

ご存知の通り、この船には現大将の藤虎や
前元帥のセンゴクが乗り合わせています。

四隻ある護送船の内、二隻を沈める暴れっぷりだったようですが、
さすがに海軍の最高戦力の前では思惑通りにいかず
返り討ちにあったのだとか。

このエピソードからもジャックという人物(?)の
頭のイカれっぷりというか猪突猛進ぶりが伺えますね。

ワンピース最新刊83巻の発売日やビッグ・マムの野望、サンジの兄弟について

ゾウ編でルフィとジャックが衝突する可能性はほぼ無さそうですが、
散りばめられた各エピソードがどう繋がってくるのか期待です!

スポンサードリンク