映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

それぞれの罪の由来とは?アニメ化もした漫画「七つの大罪 」

アニメ化もされ人気を博しているということで
手に取ってみました。漫画「七つの大罪 」

taizai少年誌にて連載されているので当然といえば当然なのですが、
少し子供じみた漫画なのかなと食わず嫌いで嫌煙していたのですが
実際に読んでみたらこのファンタジーの世界の虜になってましたね。

漫画のタイトルである七つの大罪は10年前に王国の
転覆を謀ったとして手配書も配られている7名の
元王国の騎士団のこと。

かつてその騎士団の団長を務めていたメリオダスは
豚の帽子亭という冴えない酒場のマスターを営んでいた。

そんな折、手配書の7名の内の一人と思わしき錆の騎士の
風貌をした人物がふらつきながら酒場に訪れるも
その正体はブリタニア王国の第三王女である
エリザベス王女であった…

本来は王国を守る為の任務に就いている聖騎士たちが
クーデターを起こし、国王も捕らえられたという。

そこでエリザベスは敵の敵は味方という考えから
七つの大罪のメンバーを探していたのだ…

スポンサードリンク

七つの大罪のメンバーが企てたとされる10年前の
罪は実際の所、濡れ衣でありエリザベスを憂いた
メリオダスは離れ離れになったかつての仲間を探す
冒険の旅に出ることになるというお話。

今後、物語が展開していくにあたって個人的にすごく
気になっているのが罪の名の由来です。

序盤で分かっているものだけで、

・メリオダスの憤怒の罪
・嫉妬の罪
・強欲の罪
・怠惰の罪

と結構印象的な罪状が名付けられているんですよね。

おそらく個性的なキャラクー達はそれぞれの特殊能力を
有しているでしょうから、その能力と関連してくるのでしょう。

RPGもののゲームやストーリーが大好きな人は
きっと楽しめるであろう同作品。

アニメの方も是非ともウォッチしてみたいと思います。