映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

水玉ハニーボーイのあらすじネタバレ感想!新感覚ラブコメ漫画

mizutamahoney
剣道部主将を務め、その威風堂々たる容貌と強さから侍とも呼ばれ、
女子からの人気も高い仙石芽衣(せんごく めい)

ある日、彼女は隣のクラスの藤司郎(ふじ しろう)から告白を受けます。

「あたしと付き合ってください」

しかし、彼は根っからのオネエキャラでした。

スポンサードリンク

藤は捻挫して動けなくなっていたところを仙石に助けられ、
彼女のことを本気で好きになってしまったのです。

ですが、仙石は自分の善意を好意と勘違いしているのだ、
と藤の告白を冷たくあしらいます。

翌日、藤は諦めずに仙石のもとを訪れます。

彼は家庭科部に所属していて、部活で作ったお菓子を仙石に渡しに来たのです。

そこで、仙石は気づきます。

剣道部にはいつも家庭科部からお菓子の盛り合わせが差し入れされていました。

その中には誰が作ったのかは分からないけれど、いつも水玉のリボンが付いている
お菓子があって、そのお菓子の味を仙石はとても気に入っていました。

そして、藤からもらったお菓子にも水玉のリボンがついています。

藤こそが水玉のリボンのお菓子を作っていた張本人だったのです。

「悪いけど諦めてあげないから」

藤の言葉に戸惑いつつも、仙石は彼に対し不思議な魅力を感じ始めます。

翌日からも、藤からの積極的なアピールは続きます。

下駄箱の中に薔薇やぬいぐるみなどが押し込まれていて、
挙句の果てにはウェディングドレスまで家に送られてくる始末。

流石に不愉快に感じた仙石は文句を言いに行きますが、
藤はキョトンとした顔をしています。

「……君がくれたんじゃないのか?」

藤はすぐさま否定します。

言われてみると、薔薇やぬいぐるみには水玉のリボンがついていませんでした。

その日の帰り道、仙石に妙な贈り物をしてきた張本人が現れます。

「やっと2人になれた」

彼は仙石を付け狙う悪質なストーカーでした。

スポンサードリンク

身につけていた竹刀を奪われ、仙石は為す術なく追い詰められます。

「藤君といい、変な男ばっかり寄ってくるな」

追い詰められた仙石は自嘲気味に呟きますが、そこで気づきます。

藤だけは他の変な男とはまったく違うことに。

彼は仙石を強くてたくましい剣道部の主将としてではなく、
ありのままの彼女を女の子扱いしてくれる存在なのです。

そこへ藤が仙石を助けに現れます。

オカマを装ってストーカーを気持ち悪がらせ、藤は仙石を救います。

彼は誰にも助けを求めず一人で解決しようとしていた仙石をたしなめます。

「女の子なんだからもっと自分を大事にしなさい」

いままで頼られてばかりだった仙石は、藤に守られたことで
これまで感じたことのない不思議な感情を抱き始めます。

体育祭では学校に侵入した窃盗犯が現れるという事態に見舞われます。

仙石を人質に取ろうとしたところに藤が割って入り、
仙石はまたしても彼に救われます。

二人の距離が徐々に近づく中、思わぬライバルも出現します。

剣道部前主将の七緒学(ななお まなぶ)が仙石に剣道勝負を挑んできたのです。

「俺が勝ったら俺と付き合え」

かつて、仙石との勝負に敗れた七緒は彼女の強さに心底惚れ込んでしまったのです。

勝負の最中、仙石は足の痛みのため思うような動きができません。

しかし、これは真剣勝負。七緒は攻めの手をゆるめません。

すると、そこへまたも藤が割って入ります。

好きな女の子が怪我をしているのに勝負を続行する七緒を彼は責め立てます。

「男として格好悪いのよ!反省なさい!」

その言葉に衝撃を受けた七緒は、自ら敗北を認めます。

こうして何度も藤にピンチを救われた仙石。
彼女はそのお礼も兼ねて藤をデートに誘います。

デートの日はちょうど花火大会の日でした。

彼女はデートの最後に花火がよく見えるお気に入りの場所まで彼を連れて行きます。

「今日は1日、私の我儘に付き合ってくれてありがとう」

仙石が言うと、藤は優しく微笑みます。

「こちらこそ」

その笑顔でこれ以上ない喜びを感じる仙石。

彼女はこの胸の高鳴りの正体を知るために、
藤との楽しくもおかしな日々を今日も過ごしています。

今後の気になる展開

徐々に藤との距離が縮まっていることを感じる仙石。

二人で参加した肝試しではトラブルが起きて、
洞窟の中で二人っきりの状況に!?

さらには藤の家で交際宣言までされて、のっぴきならない状況に。

加えて、ライバルの七緒は未だに仙石を諦めていない様子。

その上、他にもライバルが出現して事態は収拾のつかないカオス状態!

藤と仙石は降りかかる苦難を乗り越えて、無事結ばれることができるのでしょうか。

「水玉ハニーボーイ」ははなとゆめで連載中の新感覚恋愛漫画です。

この漫画の斬新なところはなんといっても藤のオネエキャラ!

男勝りな女の子というキャラクターは珍しくありませんが、
それがまるで性別と性格を逆にしたような男の子と恋を育むというストーリーは
いままでにない新しい恋愛を私たちに見せてくれます。

藤は普段は女の子っぽいけどいざとなったら男らしいというキャラでもなく、
いざというときもあくまでオネエとして頼れる存在を貫いています。

そんな彼に惹かれていくウブな仙石もかわいいですし、
二人の距離が近づいていく描写にはトキメキが止まりません!

笑えてキュンとできる恋愛漫画をお探しの方には、
まさにうってつけの漫画ですね。

スポンサードリンク