映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

映画「ミックス。」のあらすじネタバレ感想

(出典:eiga.com

新垣結衣(ガッキー)・瑛太ダブル主演のコメディ映画。

監督の石川淳一、脚本の古沢良太がタッグを組み、フジテレビが製作しました。

スポンサードリンク

ミックスのあらすじ

少女時代、厳しい母親(真木よう子)に卓球を仕込まれて、
天才卓球少女として名を馳せた富田多満子(新垣結衣)が、
母親の死後は卓球の呪縛から逃れて普通のOLとして生活していました。

卓球部のイケメンスター選手江島晃彦(瀬戸康史)に告白され恋仲になりましたが、
卓球選手として入社してきた小笠原愛莉(永野芽郁)に江島を奪われます。

傷心で郷里に戻ってきた多満子は、かつて母親が経営していたが今は会員が少なくなり
赤字経営に陥っているフラワー卓球クラブを立て直すことになりました。

ライバルが少なく、優勝しやすい全日本卓球選手権の混合(ミックス)ダブルスに
出場して自分を裏切った江島・愛莉ペアに勝つことで復讐するとともに、
有名になり会員を獲得することを目的にします。

そこで元ボクサーで建設現場で仕事をしている萩原久(瑛太)とペアを組みます。

実は萩原には妻子がいたのですが、ボクサー引退後に妻が上司と会っていたのを
不倫と誤解して傷害事件を起こし、それが原因で離婚されてしまったのです。

クラブにはほかに元ヤンキーでセレブ妻の吉岡弥生(広末涼子)、
引きこもり高校生の佐々木優馬(佐野勇斗)、プチトマト農園を経営する
落合元信・美佳夫婦(遠藤憲一・田中美佐子)がいて、
それぞれがペアを組んで大会に出場することになりました。

多満子以外は素人同然で、全く歯が立たず全員1回戦で負けてしまいます。

おまけに多満子は足首を捻挫してしまいました。

次年度の再挑戦に向けて猛練習に励む中で、行きつけの
中華料理店店長の張と店員の楊(森崎博之・蒼井優)が
元中国代表の強化選手だったということを知り、稽古をつけてもらいます。

迎えた選手権の場で萩原・多満子ペアは順調に勝ち進み、
決勝戦の相手となった江島・愛莉ペアと熱戦を繰り広げます。

最初は負けていたのですが、途中から調子が出てきてフルセットに持ち込みます。

江島の打った試合を決める最後の1球が空中高く上がり、果たして結果はどうなったか、
最後の「奇跡は起こらない」というモノローグがこの映画の結末を暗示しています。

スポンサードリンク

見どころ

何といっても豪華キャストが見どころ。

落ち込むガッキーを励ますとにかく明るい広末涼子。

久しぶりの映画出演ですが、素晴らしい演技力でした。

二股をかける嫌な先輩役に瀬戸康史、ガッキーから瀬戸を奪ってしまう悪女役に永野芽郁と、今年ブレイクし今後も有望な若手二人です。

熟年夫婦役の遠藤憲一、田中美佐子が味のある演技で、
普段強面の遠藤憲一が全く正反対の面白いキャラを演じ、
久しぶりに映画出演の田中美佐子との夫婦役がピッタリ。

森崎博之と蒼井優は激辛の麻婆豆腐を作る中華料理店の
ベタな中国人役がはまっていて、この映画で一番面白い場面。

息がピッタリ合った新垣・瑛大ペア、瀬戸・永野ペア、遠藤・田中ペア、
年齢差はあるものの佐野・広末ペア、吉田鋼太郎・中村アンペア、
子役の鈴木福・谷花音ペア、卓球ではないが森崎・蒼井ペアなど
組み合わせの妙を楽しむのもこの映画の楽しみ方の一つだと思います。

映画を観た感想

ドラマや映画で本来のかわいさに加え円熟味を増して演技の幅を広げてきたガッキー。

TVドラマ『リーガルハイ』で脚本家の古沢良太の世界は体験済みです。

卓球という競技を通じて一つの目標に向けて共に練習していく中でお互いのことを知り、
親愛の情を深めていくというラブストーリーなのだけれど、
それを感じさせない自然な脚本に仕上がっています。

全国各地で試写会を行ったり、テレビ出演をしたりという前宣伝は
どんな映画でも行っていて、その割には映画自体があまり面白くない場合が多いのですが、
本作はその期待を裏切って(?)面白い作品で楽しめました。

ブランクがあったとはいえ、始めて1年余りで
全日本の決勝まで行くなどというのは本当とは思えません。

多満子のモデルとなっている天才卓球少女の福原愛さんが小さいころから
血の滲むような努力を重ねてきてオリンピックに出場したのを見ているので、
ちょっと安易な設定のように感じます。

ミックスというのは二人が交互に場所を変えながら打つので、
ぶつからないようにするのが大変です。

実際に劇中では萩原と多満子がぶつかって足を捻挫するシーンがありましたが、
練習のときもたぶんこのようなことは頻繁に起こったことでしょう。

捻挫した足の包帯の巻き方が下手な多満子の包帯を萩原が巻き直している姿は、
優しさが伝わってきてホンワカした気持ちになりました。

特に今年はドイツで開催された世界卓球選手権でミックスダブルスに出場した
石川佳純・吉村真晴ペアが48年ぶりに金メダルに輝いた年です。

世間での卓球熱の盛り上がりが、この映画でさらにヒートアップしていくことでしょう。

スポンサードリンク