映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

映画「凶悪」のあらすじと感想(ネタバレ含む)

月額制の動画配信サービスHuluでも視聴できる山田孝之さん
主演「凶悪」のあらすじや感想をご紹介したいと思います。

あらすじ

「自分には誰にも話していない余罪が3件ある。

その全ての事件の首謀者は、私が<先生>と呼んでいた男です。」

東京拘置所から出版社に手紙を宛てた死刑判決上告中の
ヤクザ・須藤純次(ピエール瀧)は、接見した出版社の
記者・藤井修一(山田孝之)に対して、そう告発します。

自分の裁判が不利になろうとも告発した理由は、先生こと
不動産ブローカーの木村孝雄(リリー・フランキー)に嵌められて、
可愛がっていた舎弟をあやめてしまった悔恨から。

そして、どうせ死ぬなら全て打ち明けてキレイになって最期を迎えたいから。

編集長からは取材不要を言い渡されたものの須藤の告発が
妙に気になった藤井は独自に取材を始めます。

うろ覚えの須藤の記憶を頼りに地道な取材を続ける中で、
藤井は闇に埋もれた凶悪事件の全貌を知ることとなるのです。

スポンサードリンク

思わず目を覆うほどの凶悪表現

この映画は無慈悲で容赦ない事件の様子を包み隠さずリアルに表現しているので、
そういう描写が苦手な人には全くおすすめできません。

導入部と終盤を除いて映画の中心となっているのは、須藤と先生によって
行われた3件の残忍な事件の成り行きと詳細だからです。

人をあやめることを「ぶっこむ」と表現する須藤は、
まるで不用品を処分するかのように亡骸を捨て去り、

「よーしぶっこんじゃお!」と言うなり顔面パンチを食らわせ、
両手足を縛って口を塞ぎ、ためらいなく穴に放り込んでしまうのです。

その様子を傍で見ている先生は老人の恐怖に怯える表情を見て
「そんな顔されたら興奮しちゃう」などと言います。

最も強烈なのが3件目の事件。

多額の負債を抱えて小さな電機店を営む一家の肝硬変と糖尿病を
患った老人を犠牲にした保険金目当ての事件です。

飲ませて飲ませて、寝落ちしそうになると叩いて起こして、また飲ます。

その様子を見て、手を叩きながら大笑いする先生。

まるで子どもが無邪気に遊んでいるかのような2人の様子は凶悪そのもので、
和太鼓を多用したBGMが2人の興奮と異常さを不気味に表現しています。

その時の先生の表情は笑っているとも泣いているとも取れるような面持ちで、
極限まで興奮した人間はこういう表情なのかもしれないという物恐ろしさを感じます。

凶悪コンビを演じた2人のマルチ俳優

裏切られることを心の底から嫌い、義理のためならぶっこみも何のその。
でも人をあやめた日にはひとり無言で線香を焚く須藤。

老人の命を金に換える錬金術師でサイコパス気質な先生。

これらの凄まじい人物になりきったピエール瀧と
リリー・フランキーの怪演は、まさに鳥肌モノです。

電気グルーヴで知られるミュージシャンのピエール瀧ですが、
彼の体と顔の大きさが、須藤の迫力に拍車をかけています。

また、元々作家やイラストレーターとして活躍していたリリー・フランキーは、
その飄々とした態度や話し方、何を考えているのか分からない目の奥の表情が、
とらえどころのない不気味さを漂わせています。

記者・藤井を演じた山田孝之の演技も申し分なく素晴らしいし、
藤井の妻を演じた池脇千鶴は疲れ切った女性を演じたらピカイチです。

この2人の堅実な演技が凶悪コンビ2人の個性をさらに輝かせているように思います。

原作はノンフィクション小説

2005年に新潮45が掲載し、その後1冊の本になって出版された
ノンフィクション小説「凶悪-ある死刑囚の告発」が映画のベースになっています。

こんな凶悪事件が実際にあったなんて…と思わず身震いしてしまいますが、
一般報道では詳細が明かされていないだけで、蓋を開けてみれば
凶悪そのものな事件は、実はいくらでもあるのだと思います。

また、この真実の事件の一方で記者・藤井とその妻の
認知症を患う藤井の母を巡るやり取りを盛り込むことで、

社会派サスペンスがエンターテインメントになり得ると同時に自分の生活とは
別世界の凶悪事件が、より身近なものに感じられるのだと思います。

そして、まるで取り憑かれたように事件を追う記者・藤井が、憤りや虚しさで
目に見えて疲弊していくのと同様に、観ている側も凶悪事件の真実と報われなさを
目の当たりにし観終わったあとには何ともグッタリしてしまうのでした。

スポンサードリンク