映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

「くーねるまるた」のあらすじネタバレ感想!癒し系グルメ漫画

kuhnerumaruta
この漫画の主人公であるポルトガル人の女の子マルタは
日本で都市工学の勉強をするために留学をしていました。

本来なら、大学院を卒業してそのまま帰国するはずだったのですが、
住み慣れてしまった日本から離れることができずに今も東京のとある
お寺のぼろアパートの一室で貧乏暮らしをしています。

食料もお金も底をついてしまったマルタは実家の
ポルトガルからの仕送りを心待ちにしていました。

スポンサードリンク

ヘンな匂いのする荷物を業者の人が宅配してくれてダンボールの中から
バカリャウと呼ばれる干し鱈(タラ)を取り出します。

バカリャウはポルトガルの代表的な食材で鱈の塩漬けを干して乾燥させたものです。

このバカリャウとかろうじて残してあった
じゃがいもを使ってマルタは早速料理を作ります。

じゃがいもを茹でたものとバカリャウと溶き卵を混ぜ合わせ、
楕円形の形に整えたらきつね色になるまで揚げます。

これで、バカリャウのコロッケの完成です。

一つ味見をしてみるとあまりにも美味しくてなぜかマルタは踊り始めます。

受け取りのサインをもらい忘れてアパートまで戻って来ていた業者の人が、
その踊っている姿を見て困惑するのですが、マルタはてっきりコロッケを
食べに戻って来たのだと勘違いして手作りコロッケを差し出します。

ヘンな匂いのする荷物の中身の食材で作ったことを知らされた業者の人は、
恐る恐るコロッケを口に入れるのですが、食べたことのない
独特な味に思わず「うまい」と唸ります。

それを聞いて嬉しくなったマルタは「踊りまショウカ?」と一緒に踊ることを提案。

そんなこんなで業者の人はまたサインをもらうのを忘れてしまったのでした…

スポンサードリンク

日付は変わって今日はポルトガルではアントニオの聖人の日で
大きなお祭りが開催されます。

日本にいるマルタはそのお祭りに参加することは出来ませんが、
おめでたい日なので夕飯くらいは奮発しようと
近所の気になっていたラーメン屋に足を運びます。

チャーシューメンを食べに来たマルタですが、
その値段は1000円一方普通のラーメンが600円です。

今月がユーロ安な事もあり経済的に非常にピンチなマルタは迷います。

隣の人が食べているチャーシューメンを見て思わず、
よだれが出てしまうのですが、お金のことを考えるとやはり厳しい。

なかなか決まらないマルタにコワモテな店主が「お客さん注文は!?」と声を掛けます。

焦ったマルタはしぶしぶ「…ラーメン…ひとつ。」とオーダー。

評判通り美味しいラーメンだったのですが、
マルタとしてはやはりチャーシューメンを食べたい。

でも1000円はツライ。

そんなことを考えながら帰宅していると精肉店で
豚肉がセールで売り出されているではありませんか。

何やら悪いことを考えているようなマルタ。

早速豚肉を購入し家に帰って料理を開始します。

酢・酒・みりん・醤油で作った漬け汁にあらかじめ
紅茶で煮て柔らかくなった豚肉を漬け込んで冷蔵庫で半日寝かせます。

これで豚の紅茶煮の出来上がりです。

あとはこれを薄くスライスしてラーメン屋に持っていけば…

そう、マルタは自分でチャーシューを作って600円のラーメンに乗せ
チャーシューメンにしてしまおうと考えたのです。

数日後、マルタはラーメン屋まで再び足を運び、普通のラーメンを注文します。

そしてラーメンが運ばれてくると計画通りタッパーの中から
チャーシューを取り出し、それを乗せればチャーシューメンの完成です。

ラーメンのスープに入れたチャーシューを食べてみると思わず顔がほころびます。

このまま食べ進めようとしたマルタですが、あろうことかコワモテの店主が
マルタお手製のチャーシューメンに気付いてしまいました。

マルタは怒られることを覚悟しましたが、店主はおもむろに
箸でチャーシューを口に運び味を確認します。

「ぐっ!!」

と親指を立て満面の笑みになる店主。

結局マルタは怒られずこの一件以来普通のラーメンを頼むと
チャーシューがおまけしてもらえるようになりました。

くーねるまるたの今後の気になる展開

本作は今後もマルタと食べ物を中心に物語が進展していきます。

また、アパートに住む個性的な住人も登場して料理だけでない、
マルタを取り囲む人間関係にもスポットが当てられます。

「くーねるまるた」はグルメ漫画や日常系漫画に分類されますが、
この作品が他のグルメ漫画と大きく違う点はやはり主人公マルタの魅力にあります。

とにかくハツラツとしていて見ているこっちが元気になりますし
一つ一つの仕草がとってもチャーミングです。

そして何より、料理を食べた時のマルタの笑顔が素晴らしい。

料理の絵もとても丁寧に描かれているので、
読んでいると十中八九お腹が空いてしまいます。

マルタがポルトガル人ということもあってヨーロッパの料理が
取り上げられることが多いので、食の知識も広がります。

それぞれの料理には簡単なレシピもついており食べてみたいと思ったら、
自分で作ってしまうこともできちゃいます。

グルメとほのぼのとした日常系が融合した「くーねるまるた」
グルメ好きは必見です。

スポンサードリンク