映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

クダンノゴトシのあらすじ・ネタバレ!無料試し読み情報も

kudannogotoshi
「7日後に必ず死を迎えるとしたら、あなたならどうする?」

衝撃的な書き出しと断崖絶壁に立つ一人の男の姿からこの物語はスタートします。

↓【クダンノゴトシ】で検索↓

クダンノゴトシを無料で試し読み

大学の旅行サークルに所属する7人は卒業旅行に伊豆に出掛けます。

全員4年生で彼女の千鶴をはじめ全員内定が決まっているなか、
光だけは未だ内定を得ることができていません。

他愛もない話をしている道中、一行は道に迷ってしまった模様。

ナビにない山道に入り込んでしまい、女子の引き返そうと言う意見を
振り切って前進する車は、暗闇の中で何か大きなものを轢いてしまいます。

車は大きく凹んでしまいましたが、一体何を轢いたのか…!?

車を降りて確かめる7人は暗闇の中に牛の姿を確認します。

人じゃなくてよかったとホッとする一堂ですが、
まだ生きているその牛がゆっくりと起き上がりこう言うのです。

「雨ガ降ル…ソシテオ前ラハ…」

なんとその牛は人の顔をしていました。

とっさに男子たちは手に持った木で殴り掛かります。

その恐ろしい化け物を滅多打ちにして、
車に乗り込み逃げるようにその場を後にしました。

雨の中、レンタカーを返却に行くと絶対にぶつかったはずなのに
傷も凹みも一切無いではありませんか。

集団幻覚でも見たんだろう…そう行って光たちはその場を離れます。

光は翌日、突然電話で彼女の千鶴に別れを告げます。

なかなか内定の決まらない自分に千鶴は相応しくないと思い、
色々と疲れ果ててしまったのです…

そして酔った勢いでドアノブに結んだ紐に首にかけます…

楽になろうとした光の目の前に昨日、轢いてしまった人の顔を持つ牛が現れ
「自ラノ死ハ認メナイ…サア始マリダ…」と告げるのでした。

スポンサードリンク

死ぬに死に切れず、前向きにもなれず数日が経過…

いつものメンバーが集う飲み会に参加した光は友人の辰巳に対し、
同じ仲間のあゆみに告白するようにすすめます。

ただ辰巳は震えながら間も無く日付の変わる時計を見つめて
「明日になっても生きていたら…」と言い出すのです。

そして辰巳はこう続けます。

あの旅行から帰った日にあの人の顔をした牛が現れ7日後に死ぬと言われたと。

怯える辰巳に対し他の仲間は夢でも見たのだと茶化します。

時刻が変わって予言の7日後に死ななかった辰巳はホッとして
勇気を出してあゆみに告白しようとするのですが、

このタイミングで公園の時計が倒れて辰巳の頭に
直撃して手術の甲斐なく亡くなってしまったのです。

今度はまだ辰巳の死を知らないあゆみの元に辰巳の顔をした牛が現れます。

そしてあゆみの命は後7日だと涙を流しながら告げるのです…。

あゆみはそのまま姿を消し辰巳の葬儀にも現れなかったのですが、
彼女はいつも辰巳のことを見ていた屋上に姿を現します。

そしてなんと光の目の前で屋上から飛び降りてしまったのです。

しかし幸いにも軽い打ち身だけで済み、彼女の見舞いに仲間たちが集まりました。

明らかに旅行以降おかしなことが続いていることに光は疑問を抱きます。

友人の伸司が調べたネットの情報によると、あの牛の化け物は
「件(くだん)」という予言をする半人半牛の妖怪なのだとか。

旅行帰りに件(くだん)が予言したことは、ここにいる仲間全員の死でした。

緊迫したその場に亡くなった辰巳が生前に送ったサプライズの
誕生日プレゼントがあゆみの元に届きます。

三日後に死の予言をされたあゆみは何かを決意、
光もまたこのままにはさせないと心に誓うのでした。

翌日、あゆみは別居している父の元を訪ね、
母と話をしてけじめをつけるよう諭します。

これは最後のお節介だからという言葉を残して。

一方、仲間達は民俗学の教授を訪ねます。

件(くだん)の話をすると、元々は神聖な獣だと教授は言うのですが、
神罰としての呪いが例外的にあるのだとか。

研究者として興味を持った教授は、その妖怪の顔に見覚えはないかと尋ねます。

時を同じくして光と千鶴が旅行で起きたあの事故現場に足を運びます。

光は件(くだん)の足跡を確かめるのですが、
彼の背後にナイフを握りしめた千鶴の姿が…。

幼い千鶴の写る家族写真、その父親の顔はあの件の顔で…!?

クダンノゴトシの今後の気になる展開

辰巳が亡くなって、あゆみが亡くなるという予言日まであと三日。

千鶴の謎の行動の理由とは!?

鍵を握るのは一体誰なのか!?

そして何より件(くだん)の正体とは何者なか?

夢に出てきそうな衝撃的なビジュアルをした
妖怪でかなり恐ろしい姿をしています。

うっかり轢いてしまった上に危害も加えてた
7人に対して降りかかる件(くだん)の死の予言。

他の仲間達は無事に逃れることはできるのでしょうか。

彼らがこの予言にどのように立ち向かい、呪いを解くのかが見ものです。

ただし繰り返しになりますが、件(くだん)の容姿は
かなり不気味なので怖がりの方はお気を付けください。

スポンサードリンク