映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

「聲の形」のネタバレ含む感想や実写化した場合のキャスト予想

このマンガがすごい!2015年オトコ編で
堂々の第一位を獲得した注目作品の
「聲の形(こえのかたち)」

koenokatachi

原作は7巻の発売をもって無事に完結しておりますが、
劇場版アニメ化の話も出ておりまだまだ話題になりそう。

わたしは世間での評価を聞きつけ同作品を読んでみたのですが、
色々と考えさせられることが多く度々心が痛みました…

今回は聲の形の簡単なあらすじをご紹介の上、
映画やドラマなど実写化した際の理想のキャスティングに
ついて取り上げていきたいと思います。

聲の形のあらすじ

物語はわんぱくでガキ大将タイプである石田将也の通う
小学校に聴覚障害をもつ西宮硝子が転校してくる
ところから始まります。

退屈を嫌う将也は耳が不自由な西宮を
興味本位でからかい出します。

他の生徒達も西宮がいることで授業の進度が遅れたり、
今までなかった手間を被ることでイライラが募り
だんだん将也に同調しいじめがエスカレートします。

わずかな期間で高額な補聴器が破損・紛失したことから
学校側も警察に相談せざるおえないと判断

すると将也ほどではないにしろ、いじめに加担していた
クラスメート達が一斉に手のひらを返し将也に
全責任をなすりつけます。

この日を境にいじめっ子だった将也はいじめの対象へと
立場が逆転してしまうのでした…

そして西宮は転校することになります。

スポンサードリンク

月日は流れ将也は高校三年生に

中学進学後も周囲から避けられ続けた将也は
ガキ大将の面影など微塵もなく高校に入っても
友達一人作らず静かな学生生活を送ります。

そんなある日、将也は偶然、西宮と再会を果たします。

驚きを隠せず必死に逃げる西宮に追いついた
将也は手話で「友達に…なれるか?」と話しかけます。

そう将也は小学生当時の罪悪感もあって手話を
勉強していたんですね。

将也は西宮から奪ってしまったものを取り返すべく
懸命に寄り添い続けます。

小学時代の同級生が次々と登場

毎日のように顔を合わせるようになった将也と西宮に
呼応してか小学時代の同級生も次々と登場します。

学級委員ながらいじめを見て見ぬ振りをしていた川井みき

女子生徒の主犯だった植野直花

西宮に優しく手を差し伸べようとしてクラスから
ハブられた佐原みよこ

です。

そしてひょんなことから将也と友人になった永束友宏の
発案で全員で映画製作を行うことになるのです。

上記のメンバーに将也のクラスのクールガイ、
真柴智と西宮の実の妹である結絃を交えたメンバーで
製作を開始するのですが当然ながらギクシャクするわけです。

製作はうまく進まず夏休みへと突

将也が一大事に…

西宮に夏の思い出を作ってあげたい将也は
一緒に夏祭に参加します。

勉強があるからと先に帰路についた西宮の様子を
見るために後を追った将也は西宮が自宅のベランダから
身を投じようとしているのを発見

助けに入るのですが、代わりに落下してしまい
意識不明となります。

小学時代から将也に想いを寄せていた植野は西宮に
すべての責任があるとひどくあたります。

将也を欠いて完全に空中分解したように思われた
映画製作ですが、罪意識もあってか西宮の必死の
呼びかけでなんとか完成にこぎつけることに。

そして将也も意識を取り戻すのでした。

選考会に出展した映画は酷評されてしまうのですが、
各々が役割を果たした充実感を感じます。

聲の形の結末

そして場面は変わって成人式

映画製作を共にしたメンバー達が
少し大人びた姿で登場します。

式を終えて小学時代の同級生が集う部屋へと向かう
将也と西宮

緊張した面持ちで二人が扉を開ける場面で物語が終焉します。

大まかなあらすじを紹介するとこのような感じでしょうか。

「いじめ」や「障害」といったなかなか重いテーマに
真正面から丁寧に描いている聲の形は読んでいて幾度となく
胸が締め付けられる思いでした…

色々な立場の人間が耳が不自由な西宮と接点をもつことから
今まで感じ得なかった視点で「いじめ」や「障害」について
考えさせられることと思います。

一人でも多くの方に是非手に取って欲しい一冊であります。

もし実写化するなら理想のキャストは?

ここからは「聲の形」が実写化された場合、将也と西宮の
配役は誰が理想かを個人的に予想してみました。

予想するにあたって難しいのが物語では小学時代から
高校時代まで描写されている点です。

成人している役者さんが制服姿で演技するのは
違和感がなくともさすがに小学生は無理がありますよね…

ということで小学時代は子役の子が演じるであろうと
予想し高校時代からの二人の配役を考えてみました。

まず石田将也役ですが、菅田将暉さんあたりが
適役かなと思いました。

彼が今までに演じてきた役のイメージもあると思うのですが、
ちょっとお調子者な感じが、小学時代の将也を彷彿させますし
髪型次第では風貌もそれっぽいのかなと。

ヒロインである西宮硝子役は実際に演じるとなると
かなり難易度が高いと思われるのですが、こちらは
有村架純さん一択かなと思っています。

聲の形の第6巻で作者の大今良時さんと有村さんは
対談を行っており、西宮役を是非演じてみたいと
発言されてるんですよね。

朝ドラのあまちゃん以降、国民的女優といっても
過言ではないくらいの活躍をみせる彼女であれば
この難しい役どころも見事に演じてきってくれるのでは
ないでしょうか。

このマンガがすごい!2014年オトコ編で一位を
獲得した暗殺教室はひとあしお先に実写映画化されていますので
聲の形も間違いなく実写化されるのではと予想しています。

その際は是非とも西宮役は有村架純さんで観てみたいものです。

その他のキャスティングにつきましても、
おいおい予想して更新できればなと思っております。

以上、聲の形のあらすじ&キャスト予想でした。

スポンサードリンク