映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

ホリミヤのあらすじ・ネタバレ!無料試し読み情報も

horimiya
部活動や文化祭といった学校行事はもちろん、
放課後に友達と遊びに行ったり、恋をしたりと思い返せば
高校生活はまさに忙しい青春の1ページでした。

そんな甘酸っぱくくすぐったい日々を思い出すような漫画が
月刊Gファンタジーで人気連載中の「ホリミヤ」です。

↓【ホリミヤ】で検索↓

ホリミヤを無料で試し読み

こちらは原作のHEROさんによるウェブコミック連載作品
「堀さんと宮村くん」の構成を新しくし、
作画に萩原ダイスケさんを迎えてリメイクしたものです。

片桐高校に通う高校生、堀京子はパーマにメイクといった今どきの
外見で明るく優しく成績優秀でクラスでも男女問わず人気です。

対照的に彼女のクラスメイトの宮村くんは長髪・眼鏡と
いわゆる根暗な外見、地味でクラスでは孤立気味です。

そんな堀さんですが放課後は遊びもせず、いつも一直線に帰宅します。
その理由は忙しい両親の代わりに弟の世話と家事を一手に引き受けているから。

そんなある日、彼女の家に怪我をした弟の創太(幼稚園児)を届けるため、
パンクロック風の恰好をしたピアス男がやってきます。

ひとまずお礼をと家に上げた彼の口からは「堀さん」と予想外の言葉が飛び出します。
実はピアス男の正体は「根暗」なクラスメイト宮村くんだったのです。

人見知りの創太が懐いたこともあり「また家に遊びにおいでよ」
と宮村くんを誘う堀さん。

一方、そんな彼女の言葉は「昨日の今日で避けられるかも」
と思っていた宮村くんには全くの予想外。

はにかみ照れつつも堀さんと宮村くんはオフでの親交を深めていくことになります。

スポンサードリンク

そして、はじめは堀さんとしか話すことのなかった宮村くんですが、
彼女を通じて徐々にクラスの輪の中に溶け込み、友人もできるようになります。

不良が捨て猫を拾うようなキャラクターのギャップを演出する漫画は数あれど、
主人公2人のオン・オフのルックスがこれほど異なる漫画は珍しいのではないでしょうか。

この本では1話につき1エピソード形式をとっており
日々の学園生活の悲喜こもごもが描かれます。

例えば、宮村くんの学校での恰好はピアスやタトゥーを隠すため相変わらず。

プールの授業であわや上半身のタトゥーがバレかけ、
修学旅行の入浴が大浴場と聞いて顔面蒼白…
そんな彼を堀さんや彼女の友人がうまく立ち回れるように奔走します。

この他に、堀さんのお母さんと宮村くんの遭遇イベントがあったり、
堀さんが実は宮村くんの下の名前を知らずに色々とやらかしたり、
風邪を引いた宮村くんのお見舞いに行ったり・・・

高校生活あるあるエピソードの中にほっこりできて、
くすりと笑える、そんな場面が挟み込まれています。

個性豊かなキャラクターが織りなす、特別なようで特別でない高校生活。

この漫画の魅力は誰もが一度経験したような高校生活の場面を
一つひとつ丁寧に拾い上げていることです。

友達との何気ない会話、些細なことから起きるすれ違い、
好意を抱く子から貰うふとした一言。

そういったかつての「当たり前」がとても眩しいものであったことを、
作品を読み進めるうちに少しずつ実感していくことになります。

日々の忙しさに追われるのかで忘れがちな、きらきらとした爽やかな
青春群像をこの作品はこっそりと思い出させてくれます。

恋愛エピソードを優先する少女漫画では見逃しがちな
日常の小さな幸福を感じることができる「ホリミヤ」

ほんわかとした気持ちになれる良作です。

ホリミヤの今後の気になる展開

友達にひた隠しにしてきた一面をさらけ出すことのできる相手と出会えた堀さん。

堀家とはもちろん、クラスメイトとも打ち解け、高校で初めての男友達もできた宮村くん。

良いこと尽くめに見える彼らの高校生活ですが、そうは問屋が卸しません。

進路の悩み、友達との喧嘩、家族とのやりとり…
思春期らしい色々な悩みが登場人物に降りかかってきます。

友情はもちろんですが、心惹かれるのは見ているこちらがやきもき、
にやにやしっぱなしの堀さんと宮村くんのやり取りの数々です。

仲が良いからこそ踏み込めない二人の抱える事情を越えて、
彼らが今後どうのような関係になる過程にも注目です。

そして本作でも気になるポイントのひとつ、宮村くんのピアスとタトゥー。

彼はなんと9個のピアス穴をあけているのですが、その理由とは?

ちらちらと出てくる、彼の「友人」にまつわるトラウマとは一体何のか?

そして堀さんとの恋の行方は?!

魅力的なキャラクターの数々が織りなす、学園日常漫画でありつつ、
ユーモアとコメディたっぷりの青春群像劇「ホリミヤ」

かつての学園生活と友達のありがたみ、人を想うことの幸福。

多忙な日々の中で忘れていた大事なものを思い返すきっかけとなる作品です。

スポンサードリンク