映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

映画「昼顔」のあらすじネタバレ結末

(出典:eiga.com

昼顔は、2014年7月から9月にかけてフジテレビで放送された日本のドラマです。

平和な結婚生活を営む笹本紗和(上戸彩)と生物の高校教師で同じく
結婚生活を営む北野裕一郎(斎藤工)がドラマ最終話で不倫関係を解消したはずが、
とある講演で北野の姿を見つけた紗和が再び、禁断の恋を始めてしまう物語となっております。

スポンサードリンク

この作品は北野の妻である乃理子(伊藤歩)が物語の重要な鍵を握っています。

上映開始からドラマ最終話で笹本紗和と北野裕一郎が
互いに近づかないことを誓う誓約書の朗読から始まります。

海が見える地方に引っ越した紗和はホタルの地方講演をしている
裕一郎を偶然にも見つけてしまいます。

淡々と講演をしていたはずの裕一郎が、講演中に紗和を見つけた途端に
クールで髪型も決まった姿が跡形もなく崩れ、異常な汗をかき、
しどろもどろに言葉に詰まってしまいます。

この汗のかきかたが本当に異常すぎて、フジテレビの悪ふざけ感というか
過剰な演出に観客はくすっと笑ってしまいます。

一度は冷めたはずの恋が再び、燃え始め、裕一郎は妻の乃理子に
ホタル探しと嘘をつき、かつて愛した紗和の元へ二度、三度と訪れます。

夫の異常な様子に気付いた北野の妻は違和感を抱き、北野と紗和がバスを下り、
駅へと向かう背後から異常ならざるクラクションを鳴らします。

振り返ると車に乗って感情むき出しで悔しがる乃理子の姿。

ドラマを見た人であればその乃理子の異常さというか精神的な脆さを知っているでしょう。

ちょっと悲惨でぞっと怖さすら抱いてしまう、そんなシーンが見られます。

スポンサードリンク

映画上映からここまで20分。スピーディーに話が進展します。

こじれた3人はそのままビジネスホテルへ。

この時点で張り詰めた糸が切れた乃理子は自分の前で
裕一郎と紗和が◯行為をすることを強要します。

現実では上戸彩と夫のHIROと絶縁状態にあるらしいですが、
まさに現実さながら悲惨な結婚生活に少しげっそりとくまを作った上戸彩に
男性として、なにか現実と重ね合わせてしまうような妙なリアル感を感じてしまいます。

話は戻り、遂に覚悟を決めた裕一郎は妻と離婚し紗和と結婚することを決意します。

紗和はそんな心境の中、新しく始めたバイト先で不倫で離婚経験をもつ店長と出会い
冷たい態度を取られ、さらに妻とうまく離婚できない裕一郎に対して不信感を頂きます。

そんな困難を乗り越え、新たな生活のために手を取り合うことを決めた二人とは裏腹に
駅で脊髄損傷の結果、車椅子生活を余儀なくされた乃理子は徐々に精神が崩壊していき
限界を迎えた乃理子に対して、舞台はクライマックスを迎えます。

夏の盆踊りのとある日に、サインの入った離婚届を受取りに
裕一郎は乃理子の元へ最後の挨拶に。

再婚のため、指輪を買い、隠しきれない幸せな裕一郎の様子に耐えきれず、
駅まで車で送迎をする乃理子はアクセル全開でガードレールに衝突します。

裕一郎の帰りを待ち、盆踊りを踊る紗和との
極端なコントラストが心拍数を上げ、遂に裕一郎は帰らぬ人に。

裕一郎の死を知り、悲しみの淵に苦しむ紗和は裕一郎がサプライズとして、
二人が逢引したホタル探しの森の中に隠された指輪の存在に気付くこともなく、
そこで映画は終了です。

この作品は最後の最後までバッド・エンドで終了します。

「絶対に許されない不倫」をテーマに不倫に幸せは訪れないのだと
監督からの熱いメッセージを感じます。

映画、ドラマだからこそ、第三者の目線でいられる自分に幸せを感じつつ、
明日から毎日、誠実に生きていこうと思った重くも手元に一つ学びを感じた作品でした。

スポンサードリンク