映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

男女で評価が真っ二つ?漫画ハクバノ王子サマのあらすじや感想

原作を読んでから後々知ったのですが、ドラマ化も
されていたようですね。漫画『ハクバノ王子サマ』

hakuba2

GEOで何気なく手に取ってみたものの実際に
読んでみると結構面白かったです。

ただ男女で評価がきっぱり分かれる作品かなと
個人的には思いましたね~

男性目線のレビューになりますが、簡単なあらすじを
紹介しながら感想を書いてみたいと思います。

過酷なサービス残業を強いられるブラック企業で勤めていた
小津晃太郎(25歳)は転職して女子校の小田原女子高等学校の
教師として働き始めることになる…

結婚を約束している彼女のカオリはイギリスに留学中で、
女子校で働くことを心配したカオリから新任の挨拶で
年下に興味が無いと宣言するように迫られる…

文字通り年下に興味が無いという異例の挨拶で
生徒のみならず教職員や保護者からも注目を浴びてしまった
小津だが、少し天然な性格な為それほど気にも留めずにいた。

2年B組の副担任を担当することになった小津は、
ホームルームで担任の原多香子はタイプかと生徒達に
冷やかされてしまう…

生徒達からタカコ様と呼ばれる彼女は、
小津の7つ上で32歳の独身

スポンサードリンク

そんな多香子の前で小津はタイプだし良ければ
食事をご一緒したいと言ってしまった…

小津は生徒達からからかわれた手前、
お世辞も兼ねて言ったつもりだったのだが
テンションが上がる多香子であった。

婚約者がいるにも関わらずこうした優柔不断な
発言をしてしまう小津が無理という女性は
少なくないのかなと思います…

ただ多香子はクールなんですけれど、
やたら色っぽいんですよね。

男はこういう女性に本当に弱いのかなと 苦笑

また小津が副担任を受け持つ2年B組には
市川琴美という苗字が違う実の妹がいます。

この妹が多香子を敵視しはじめ婚約者のいる
兄に接近させぬよう些細ないじわるをするように。

その他にも同僚で家庭を持つ男子教師の黒沢が
多香子とあらぬ関係を持っていた事実が発覚したりと
狭い学校の中で色々な人間関係がうごめきます。

(しかも黒沢の元教え子が多香子という間柄)

日本とイギリスという超遠距離恋愛を進行中の
小津は心の緩みもあって多香子に少しずつ惹かれ始めます。

なんともだらしがないけれども、それが人間というか
男という生き物なのかもしれませんね…

二人の恋の行方が知りたい方はハクバノ王子サマ
是非、読んでみてくださいね。

スポンサードリンク