映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

東京喰種の鈴屋什造(ジューゾー)殉死説と黒髪の理由を考察

正しくは殉死ではなく「殉職」という表現が適切なのですが、
トーキョーグールの人気キャラである鈴屋什造の
生死について多くの読者から注目が集まっています。

black

この一件に関してあまり詳しくない方の為に
事の経緯を簡単にご説明しますね。

現在、東京喰種:reではアオギリの樹の本拠地と目されている
流島という孤島でCCGと喰種の激戦が繰り広げられています。

什造はCCG側の主力メンバーとして流島に上陸しているのですが、
そこで因縁の相手と再会することになります。

その相手というのがかつて施設で生活を共にし、
無印版で戦闘を交えたクロナであります。

死神の鎌のようなクインケ「ジェイソン」を振りかざし、
クロナを一刀両断しようとする什造ですが、その直後に
彼の心臓付近を赫子のようなものが貫くのです。

この描写だけだと什造は結構な深手を負ってしまったという
見方もできると思うのですが、瓜江のもとに掛かってきた以下の
伝言が什造の死を決定づけているのではないかと噂されています。

「特等が………殉死…?」

什造は今では特等という地位まで昇進していることから、
先にご紹介したクロナによる一撃が彼の死を連想させます。

スポンサードリンク

什造の生死はいかに!?

でここからが本題になるのですが、結論から言うと
管理人は生死の可能性は五分五分かなと考えています。

まずは生きているであろうポジティブな根拠から
取り上げていきたいと思います。

①特等の篠原との再会

什造のパートナーであり親のような存在でもあった篠原捜査官ですが、
ご存知の通り梟との一件で現在は昏睡状態にあります。

不屈のシノハラの異名を持つ彼のことですから
いずれ奇跡の生還を果たすのではという見方も多く、
什造との再会は多くの読者が望むところだと思います。

ただ什造が殉職してしまったという訃報が篠原の耳に入るという
最悪の展開も考えられないことはないんですけれどね……

②クインケ「ビッグマダム」の登場

什造の幼少期に多大なトラウマを残したSSレートのビッグマダム

そんなトラウマを物ともせず什造はオークション会場でマダムを
葬り去りましたが、その後クインケ化した姿が披露されていません。

マダムに付けられたレートは他の喰種への影響力も含んでのことですが、
Sレートのジェイソンに負けずとも劣らないクインケに仕上がっているでしょう。

クインケ「ビッグマダム」を什造以外の捜査官が使用することは考えにくいので、
そういった意味でも什造は生きているのかなと予想しています。

什造の髪色と数字の「20」について

ここからは什造の生死と一見かけ離れているように思われるのですが、
彼の髪色が白から黒に変わったことと「20」という数字を交えながら
什造は亡くなってしまったのではないかという説を展開してみます。

まずは髪色の変化についてですが、東京喰種では金木研や
有馬貴将など主要キャラクターの髪色が変化しています。

【金木研】黒色→白色→黒色

【有馬貴将】黒色→白色

有馬の髪色が変化した経緯は詳しく描写されていないのですが、
少なくとも金木に関しては精神面に大きな変化が訪れた際に
それを分かりやすく表現するかのように髪色が変わっています。

什造に関しては目の前で篠原が梟に襲撃されるところを
目の当たりにしていることから精神的な部分が大きそうです。

ただ什造の場合はトレードマークであるヘアピンの
形まで変化していることにお気付きでしょうか。

これまでは数字の13を意味するローマ数字の「XIII」という形だったのですが、
現在では20を表す「XX」という形に変わっています。

数字の13はタロットで死神にあたり死と再生を意味するカードなのですが、
20は審判のカードでその絵の意味するところは天国に行くか地獄に行くかです。

当たり前の話ですが、天国も地獄もこの世ではないため、
什造は先のクロナからの一撃で死んだ可能性もあるのかなと…

現在ヤングジャンプの連載ではコクリアで金木と有馬が激闘を繰り広げており、
何やら有馬が自らの命を断つような不穏な展開になっています。

これ以上、主要キャラクターに消えてもらいたくないのですが、
什造の生死の真相はどうなるのでしょうか!?

東京喰種:re 8巻の発売日やコクリア、流島の戦局について

また何か進展がありましたら追ってご報告したいと思います。

スポンサードリンク