映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

【東京喰種】リゼの正体は赫子が特別な理由で分かる?父親は鯱か

その凛としたメガネ姿で知的な印象とは裏腹に
自由奔放で大喰いという顔を持つのが、金木を
喰種の世界に導く原因となった神代利世です。

20区に移り住む以前は、11区で生活していたことが
明らかになっていますがルール破りが常態化し、
11区に混乱を呼び寄せました…

そんなリゼの素性を知る上で原作で外せない
キーワードが2点あると考えています。

①同姓である神代叉栄

②リゼの赫子は鱗赫(りんかく)の中でも特別というヤモリのセリフ

それではひとつずつ解説していきます。

スポンサードリンク

神代叉栄(シャチ)はリゼの父親なのか?

まずはこちらから。

イトリ曰く神代利世という名前は偽名のようですが、
同じ神代の姓を名乗る人物が存在しているのは事実です。

神代叉栄は元6区のリーダーであり喰種収容所に
収容されていたSSレートの喰種であることが
明らかになっています。

リゼより二回り程年齢が離れているようにみえる
風貌と過去のリゼを回想し、

「愚娘めがッ」

と発するシーンからシャチはリゼの父親ではないのかと
ネット上では噂されています。

ただ二人の顔立ちが似ているかと言われると
首を傾げざるおえません…

シャチは暑苦しいような濃い顔立ちをしているのに対し、
リゼは涼やかな雰囲気の美人さんですよね。

リゼが母親似であるのなら別ですが、イマイチ親子と
言われてもピンと来ないのが正直な所です。

「愚娘めがッ」

というセリフはなかなか耳にする言葉ではありませんが、
この小娘がッといった感じであれば他人に吐き捨てても
さほど違和感は無いのかなと思います。

以上を踏まえてわたし個人の見解としては、
シャチはリゼの父親ではないが親戚筋にあたる
人物ではないかと考えている次第です。

スポンサードリンク

リゼの赫子が特別というセリフの真意は?

続いてはこちら。

リゼが男の喰種に対しても決して劣らないのは、
11区を仕切っていたリーダー各の喰種達を一瞬で
葬り去った事からも明らかだと思います。

推定レートはおそらくS~レート

リゼはとてつもなく強いです。

そんな強さを例えてヤモリはリゼの鱗赫を
特別だと評したのでしょうか?

これに対する見解ですが、それも一理あるとは思います。

リゼの赫包を移植されて喰種化したカネキは、
ヤモリの度重なる◯問に驚異的な再生力を発揮します。

確かにこの前後関係から見てヤモリのセリフは
辻褄が合っているように思えます。

しかし作者の石田スイ先生はそれこそ小説家のように
言葉を紡ぎ出す方といいますか、一言一句丁寧に
選び抜いた上でセリフを考えていると思うんですよね。

考え過ぎかもしれませんが、そんな石田先生が
ヤモリに「特別」と言わせるという事は他になんらかの
理由があるように思えてなりません。

特別な赫包でなくては喰種を作れない!?

そこで考えられるのがこちら

特別な赫子・赫包の持ち主でなければ人間を喰種化
することができないのではないかという説です。

嘉納の元に捕らわれていたリゼは四方が救い出しましたが、
現在アオギリの樹と行動を共にしている嘉納が実験体に
利用しているのは梟であった芳村です。

SSSレートの芳村に関してはその強さ、特殊さを
あえて解説するまでもないと思います。

数多く存在する喰種の中であえてリゼや芳村を
実験体として利用しているのは、喰種化が成功した際に
強力な喰種ができる可能性が高いという点以前に、

・人間への移植に耐えられる赫包である

・個体が強力な為、長期的に何度も利用できる

といった点が挙げられるのではないでしょうか。

特殊であるか否かはおそらく遺伝というか
生まれに大きく依存するのでしょう。

あくまで推測の域を抜け出していませんが、
個人的にはこのような考えに至りました。

2015年4月時点では東京喰種トーキョーグール:reに
リゼが登場しているシーンはありません。

物語のキーパーソンとなる人物だけに今後、
間違いなく再登場すると思うのですが…

彼女が再び登場するときはおそらく
相当な波乱が起きている時でしょうね。

スポンサードリンク