映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

【東京喰種】エトの正体=高槻泉(小説家)は二重人格?年齢は?

長年その正体について囁かれてきた隻眼の梟が、
アオギリの樹の幹部メンバーのエトであることが
発覚しましたが、それ以上に驚くべき点が

エト=高槻泉(小説家)

ということです。

原作内では詳細に語られていませんが、14巻の
カバーにエピローグ的に紹介されていたんですね。

ですから電子書籍版で購入した方やレンタルで
読んだ方はご存じないかもしれません。

あえて作中で紹介しないのが作者のにくらしい所ですが(苦笑)

芳村の子である梟は地下に存在するとされる
24区に預けられたと紹介されていましたが、
エトはどのようにして人間界に自然に溶け込み
小説家になっていったのでしょうか?

小説家には様々な知識や体験が求められる

作中でエトが高槻泉としてCCG局内に取材に伺う
シーンが描かれていますが、小説家には豊富な
知識や体験が求められます。

人間と喰種の間に生まれた半喰種であるエトは
まさに特異的な生い立ちでありますが、
人間社会について精通していなくては小説家として
ここまでの活躍をすることはできないでしょう。

スポンサードリンク

エトの実年齢に関しては明らかにされていませんが、
おそらく幼少期から人間社会に混じって生活を
してきたものと考えられます。

基本的な漢字の読み書きは勿論のこと、深い教養も
求められるでしょうから学校にも通っていたでしょう。

となると未だ謎の多い24区の喰種集団も
地下だけに生存するのではなく人間社会に根を張り
生活をしているんじゃないでしょうか。

エトは二重人格?

この辺はあくまで想像の範疇を超えていませんが、
想像ついでにエトは二重人格ではないかと
個人的には思っています。

eto2

CCG捜査官に対しての残虐な素顔と小説のファンに対して
行ったサイン会で見せた素顔が全然一致しないんですよね。

例えば、昼間は高槻泉の人格で夜はエトの人格といった具合です。

次の小説を執筆する為にCCG局内に取材にいった話は
先程触れましたが、自身が喰種であることを自覚していれば
たかだか取材の為にそんなリスクを取る必要性がありませんし
喰種やCCGに対する情報もしっかり持ち合わせているでしょう。

ということで依然目的も不明なエト=高槻泉に
関して考察してまいりました。

早くヤングジャンプの連載でも言及して貰いたいものです。

スポンサードリンク