映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

アオギリの樹の伏線と考察!隻眼の王と梟は別の存在?

東京喰種トーキョーグールの相関図において
CCGの対抗勢力として外せないのが喰種集団の
「アオギリの樹」です。

隻眼の王を筆頭とした組織であり幹部には、
タタラ、ノロ、霧嶋絢都(アヤト)といったメンバーが
名を連ねていることが確認されています。

しかしながら組織としての目的は依然、
謎に包まれている部分が多いです。

今回は東京喰種:re2巻までで明らかになっている
アオギリの樹の伏線をご紹介しつつその目的等を
考察していきたいと思います。

kousatsu2

アオギリの樹に関する伏線

嘉納かリゼがアオギリの樹の目的のカギになる

アオギリの樹の目的を探る上で最も直接的なヒントとして
紹介されているのが、下記のニコの発言

(嘉納かリゼ)どちらか一人でも生きたまま捕まえられたら
「アオギリの樹」の目的の大きなカギになるって
ヤモリが言ってたわね

そしてタタラの弁を借りると、

「嘘つきをあぶり出す事」?

というものです。

嘘つきをあぶり出すという点を除き、嘉納とリゼを
狙うことに焦点を当てれば喰種を作り出すことが
目的だろうと考えられます。

スポンサードリンク

嘉納は長年、喰種の研究を続けておりカネキのみならず
クロナやシロナで喰種化に成功していますよね。

(嘉納かリゼ)どちらかという発言から、アオギリには
嘉納ほどではないにせよ喰種化の研究を行っている
人物がいるのではないかと推察されます。

移植に成功する赫包の条件は定かではありませんが、
少なくともリゼには成功事例がありますからリゼを
捕まえれば嘉納なしでも独自に研究ができるのかなと。

反対に嘉納を捕まえることが出来ればアオギリによる
喰種化の成功確率は飛躍的に高まるでしょうし、リゼが
いなくとも実験体は他に用意できないこともないでしょう。

…とここまではアオギリの目的として辻褄が合うのですが、

やはり気掛かりなのが嘘つきをあぶり出す
という発言です。

この難題は一旦置いておき次の伏線にまいりましょう。

コクリア喰種収容所を襲撃

こちらは11区のアオギリの樹掃討作戦でCCGの気を逸らし
23区の喰種収容所を喰種を解放した事件です。

表向きはアオギリの戦力拡大の為に行われたように
描写されています。

しかしその真意はリゼの代わりになる実験体の喰種を
解放することが目的だったのではないでしょうか。

収容所からはSSレートの喰種も解放されましたが、
11区では瓶兄弟をアオギリは壊滅的な影響を受けたわけです。

差し引きして考えると、戦力の拡大として
合理的な方法とはいえないように思えます。

ですからリゼの代わりを探していたと考えるのが
自然かなと思った次第です。

結局の所、現在は梟である芳村がリゼの
代わりになっていますけれど…

タタラが中国語を使う場面がある

アオギリの幹部の中でも頭ひとつ抜けた
存在と目されるのが、タタラです。

タタラはコクリア襲撃の際に、”まぁまぁだ”といった意味合いの
不錯(プーツォ)という中国語を発するシーンがあります。

また中国の捜査チームで活躍していたCCG捜査官
法寺項介に恨みを持っているような節があります。

ですからタタラは中国出身の喰種もしくは、
以前中国に住んでいた可能性は高いと思います。

中国で法寺が駆逐対象にしていた赤舌連(チーシャーリェン)に
タタラが所属している(いた)のであれば、アオギリの目的に
中国喰種の日本進出という可能性が浮上しそうです。

隻眼の王なんていないというニコの発言

こちらも謎の多いピエロ集団ですが、ニコが宗太に対して

そんなヤツ「いない」わよ

と隻眼の王について発言するシーンがあります。

その後、

単純な話よ

とニコが宗太に耳打ちする意味深なシーンですね。

この一連のやりとりの真意は一体何なのでしょうか?

隻眼の王と隻眼の梟を同一視するのであれば
その正体はエト=高槻泉になるでしょう。

しかしタタラはエトに対して指示を下すシーンがある為、
少なくともエトを隻眼の王としては認識してなさそうです。

タタラとエトの実力差については言及されていませんが、
対CCG捜査官戦だけをみれば、エトの方がタタラより
遥かに強いのではないかと思われます。

常識的に考えれば自分より格上の相手に対して、
指示を下すことはないでしょうからタタラはエトが
隻眼の梟であることを知らないのではないでしょうか。

この辺が、”嘘つきをあぶり出す”

つまり隻眼の王に扮しているのは誰かという
疑惑になるのかなと個人的には思いました。

隻眼の王を偽る人物をあぶり出す為に
嘉納もしくはリゼがなぜ必要になるのかと
問われると困窮してしまうのですが…苦笑

また”王”に関してのタタラの発言には意味深なものもあり、
20区の梟掃討作戦でCCG捜査官の前に姿を現した際に

邪魔だ “王” が通る

と発します。

しかしこのセリフはタタラの後に王が通るというより
自分自身を王だと言っているようにも見えます。

あくまで憶測ですが、タタラは現在の隻眼の王の正体に
疑惑を感じていて偽物であれば自分が王に取って代わろう
という腹づもりなのかなと…

全く的外れの可能性もありますが、そんなことを
想像してみたりもしました。

現在、連載中の東京喰種:reではアオギリの樹に目立った
行動はみられませんが今後の登場は必至でしょう。

ということで今後の展開に要注目していきたいです!

スポンサードリンク