映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

「ふらいんぐうぃっち」のあらすじネタバレ!無料試し読み情報も

flyingwitch
黒猫を連れた15歳の魔女が実家を離れて修行に出る…

宮崎駿監督の「魔女の宅急便」を思い起こさせるモチーフですが、
この「ふらいんぐうぃっち」は、ちょっと天然な魔女の主人公を
中心に繰り広げられる、とてもほんわかとした物語です。

↓【ふらいんぐうぃっち】で検索↓

ふらいんぐうぃっちを無料で試し読み

15歳の真琴は黒猫のチトを引き連れて、
4月でもまだまだ雪の残る青森県のとある町にやってきました。

かなりの方向音痴である真琴を心配してバス停まで
迎えに来てくれたのは親戚であり同い年の圭。

魔女は15歳になったら立派な大人と見なされ、
親元を離れて修行をするのが古くからのしきたりです。

しかしながら魔女稼業で生きていくのはなかなか大変なご時世、
真琴の両親は保険として真琴の高校卒業を希望しており、

さらに親戚の家に居候させてもらえば安心ということで、
青森県に住む圭の家に横浜からはるばるやって来たのでした。

黒猫チトと会話する真琴に最初は不信感を抱いていた圭の小学生の妹・千夏は、
真琴の買い物に付き添って出かけたホームセンターで、真琴がおもむろに
竹ぼうきを手に取ると「ふあ」っと宙に浮いたのを見て目をまん丸にして驚きます。

真琴と千夏はほうきにまたがって空を飛びながら家路につきますが、
ちょうどお使いに出ていた圭を見つけて着地すると、
その場にいた圭の同級生で酒屋の娘・那央は呆然としてしまいます。

大興奮の千夏と「魔女をやらせていただいてます」と
自己紹介する真琴を前に、当然全く理解できずにいる那央…。

高校入学の日、新入生として圭とともに登校した真琴は、
那央と同じクラスであることに喜びますが、那央は未だに頭が混乱している様子。

そんな彼女に真琴は魔女のしきたりや、東北地方は新人魔女に人気の土地だということ、
そして実は結構そこら中に魔女がいることを伝えます。

実は親類以外に口外してはいけないルールなのですが、
ぽろっと喋ってしまうおっちょこちょいな真琴なのです。

スポンサードリンク

その日の帰り道、方向音痴の真琴をわざわざ家まで送ってくれる那央に、
お詫びと友情の印として真琴はあるプレゼントを贈ります。

そのプレゼントとは雑木林の中に自生している「マンドレイク」という植物で、
とっても珍しく万能薬になる貴重なものだと満面の笑みで真琴は言います。

しかし、怪奇人形のような見た目や土から引っこ抜く際の植物の悲鳴に
すっかり気味が悪くなってしまうな那央のでした…。

さて、魔女の修行は見聞を広め知識を増やすことが大切です。

真琴は農業を営む圭のお父さんにお願いして使っていない
畑で野菜を育てることにしました。

圭と千夏も手伝い、雑草を抜いて土ならしからのスタートです。

畑仕事は初体験の真琴には全てが新鮮で、
都会では見たことのない野生のキジにも感激です。

ある日、黒猫チトと散歩をしている際に配達中の那央に偶然会った真琴は、
配達先で老齢の女性に魔女であることを見破られます。

下手な芝居で隠そうとした真琴に「昔私にも魔女の友人がいたのよ」
という思い出話を聞くのでした。

その他にも魔女の真琴の元には風変わりな訪問者もやって来ます。

真琴と千夏が2人で留守番中にやってきたのは、
フクロウのような顔をしたひょろ長い人物。

対応した千夏は得体の知れない客人の姿に慌てて110番をしそうになりますが、
実はその訪問者は「春の運び屋さん」でした。

新米魔女がこの辺に来たという噂を聞いて「気付け」をもらいにやって来たのです。

それを聞いた真琴は、先日掘り出した「マンドレイク」の根っこを
自信満々で渡すと、運び屋さんはたいそう喜んでくれました。

またある時は、魔女界では有名人である真琴のお姉ちゃんが、
アフリカ放浪の旅の途中でひょっこりやってきたりもします。

おっとりした真琴とは真逆で快活な魔術使いのお姉ちゃんは、
色々なタイプの魔女がいることに理解を示しながらも、簡単な魔術を真琴に
伝授すると魔術を使ってさっさとアフリカに帰ってしまうのでした。

ふらいんぐうぃっちの今後の気になる展開

雪の残る春の始まりとともにスタートした「ふらいんぐうぃっち」

畑仕事を始めた真琴ですが、移りゆく季節とともに自然豊かな
青森県ならではのエピソードが楽しみです。

のんびり屋の真琴ではありますが、あくまでも魔女としての修行の身。

今後、少しずつ魔術も覚えていくでしょうし、
新米魔女に人気な東北の地では他の魔女との交流も描かれるでしょう。

気ままにやって来て嵐のように去って行った
真琴のお姉ちゃんの存在も気になるところです。

魔法使いの少女が主人公のファンタジーであると同時に、普通の人間である
親戚の家に居候し普通の高校に通っているという日常系漫画でもあります。

ゆったりとしたストーリー展開で気軽に読むことができ、ほのぼのとした作風が
日常の煩わしさやせわしなさを忘れさせてくれる癒し系漫画です。

スポンサードリンク