映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

【2016】映画デスノートLNWのDVD発売日やレンタル開始情報

夜神月とLがこの世を去った今、誰がデスノートの
最新作を予想できたでしょうか。

10月29日(土)公開の『デスノート Light up the NEW world』

deathnote2

それぞれ立場の異なる3人の天才が繰り広げるノートの争奪戦を
東出昌大さん・池松壮亮さん・菅田将暉さんが演じます。

ここからはそんな注目作のDVD情報についてお届けしていきたいと思います。

過去三作品のデータ

まずはこれまでに公開された三作品のDVD化までの期間をご覧ください。

DEATH NOTE デスノート

公開日:2006年6月17日

発売日:2007年3月14日

レンタル開始日:2007年02月14日

DEATH NOTE デスノート the Last name


公開日:2006年10月16日

発売日:2007年3月14日

レンタル開始日:2007年03月14日

L change the WorLd

公開日:2008年2月9日

発売日:2008年06月25日

レンタル開始日:2008年06月25日

ざっと見た感じですと映画が公開されてから
大体4~5ヶ月後にはDVD化されているようですね。

ですから『デスノートLNW』がDVD化するのは
2017年3~4月辺り
になると思われます。

こちらの正式な日程に関しては改めて追記いたします。

スポンサードリンク

「L change the WorLd」の感想とネタバレ

ここからはスピンオフ作品として2008年に公開された
「L change the WorLd」の感想を綴りたいと思います。

映画デスノートの前編・後編はばっちりとご覧になっている方でも
Lがメインのこの作品はまだ未鑑賞という方もいらっしゃるはず…

正直、ネット上の評価はそこまで高くないのですが、L個人に着目すると
夜神月と頭脳戦を繰り広げている時のLよりカッコ良いと思っています。

インフルエンザ × エボラ

本作は一瞬だけリュークが映り込むものの本編に死神は
全く関係しないストーリーとなっています。

ただ捉えようによると死神よりも恐ろしいウイルス兵器が登場します。

それが致死率の高いエボラにインフルエンザの感染力の
高さを掛け合わせて作られたウイルスです。

映画の序盤でこのウイルスがタイのとある田舎にばら撒かれるのですが、
その凄惨な光景はこの世の終焉と言っても過言ではありません。

この死神のようなウイルスを使用して人類削減を企てているのが、
ブルーシップと呼ばれる環境保護団体です。

自らの名前をデスノートに書き込み余命23日となったLが、
このおぞましい計画を阻止すべく立ち向かうという展開です。

本作ではタイの生き残りの少年と感染症センターの研究者の娘・
二階堂真希の二人がLと行動を共にするのですが、Lがこれまで見せなかった
人柄や表情が垣間見えるので未鑑賞の方は是非ご覧いただきたいです。

天才過ぎるがゆえにどこか人を寄せ付けない冷めたところを感じさせるLですが、
幼い少年少女に翻弄される場面は見ていてとても微笑ましいです。

謎のFBI捜査官が登場

Lの良き理解者でありパートナーとしてLの行動を支えてくれていた
ワタリは既にレムによってこの世から葬り去られています。

そんな中、駿河秀明という謎のFBI捜査官が登場。

彼の本来の狙いはデスノートの回収なのですが、小さな子どもを
二人連れて身動きが取りづらいLを全面的に支援してくれます。

ちなみに特別ゲストとして駿河秀明を演じたのはお笑いコンビ、
ウッチャンナンチャンの南原清隆さん。

当初、彼の出演を知らぬまま映画を見始めたので
彼がFBI捜査官として登場した時には笑いが止まらなかったのですが、
なかなか良い演技をされていましたよ。

飛行機の中で直接対決

物語は終盤に進みブルーシップの面々は真希を連れ去り、
アメリカを目指します。

ウイルスが発症しない真希を容器代わりとし海外で
ウイルスを高額で売りつける計画なのです。

しかし機内で真希が突如、症状を発症したことからブルーシップの
メンバーはもちろん、その他の乗客にも次々と感染が拡大していきます。

もう間もなく飛行機が離陸するというタイミングで
滑走路に現れたのが、Lと先にご紹介したFBI捜査官です。

滑走路を逆走するピンク色のクレープ販売車は見ていて
とてもシュールなのですが、お世辞にも肉体派とは言えないLが
飛行機に飛び移る場面は彼にとって最大の勇姿だと思います。

ブルーシップの面々は程なくしてウイルスで自滅…

抗ウイルス薬を持ち込んだLのおかげで真希をはじめ他の乗客も事なきを得ます。

Lが少年に付けた名前

前代未聞のウイルス騒動に決着がついた今、
彼に残されているのは残り僅かの余命です。

Lはタイの生き残りの少年の手を取りワタリが創設した孤児院に向かいます。

ここまでこの男の子の特筆すべき能力については言及しなかったのですが、
数学の天才で暗号解読に一役買う場面もありました。

そんな男の子との別れの間際にLが名前をつけます。

Lが付けた名は「ニア」

原作でLの後を継ぎ夜神月を追い詰めたあのニアですね。

デスノート前編・後編では時間の関係上、登場することのなかった
ニアがまさかこのような形で紹介されるとは思いませんでした。

もちろん原作の設定とは大きく異るわけですが、
これはこれでなんだかジーンと来る結末でしたね…

Lが永遠の眠りにつく最後の場面は作中で描かれることはありませんでしたが、
彼の23日間の死闘を描いたスピンオフ作品、個人的にはお気に入りの一作となりました。

スポンサードリンク