映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

領域外の妹の正体は意味を解き明かせば分かる?ネタバレ予想

少年サンデーの連載で登場した時点でかなり
話題になっていましたが、とうとうアニメにも
登場しました「領域外の妹」

灰原哀を彷彿させる風貌で小学生くらいの
年齢に見えるにも関わらず、世良に対して
淡々と指示を下すんでよね。

スポンサードリンク

その内容はホテルで遭遇したコナンが世良に
あの子は誰かと聞いてきたら、

尋ねられたら こう答えなさい。

領域外の妹だとな。

というセリフです。

明らかに世良より目上の立場の発言ですよね(汗)

このことから導き出せるひとつの説として、
領域外の妹幼児化説が挙げられます。

コナンや灰原と同じ境遇にあるってことですね。

ですから領域外の妹は過去に何らかの形で
組織と接点があったと考えて間違いないでしょう。

世良と行動を共にしていることから生粋の
組織のメンバーとは考え難く、組織の壊滅を狙った
スパイだと考えるのが自然かと思います。

スポンサードリンク

今まで組織に潜入したスパイとして描かれているのは、

・FBIの赤井秀一
・CIAの水無怜奈とその父イーサン・本堂
・公安の安室透とスコッチと呼ばれる人物

上記が挙げられます。

では領域外の妹は上記の三つの内のいずれかに
所属しているのかといえば物語の展開的に
可能性は薄いと思います。

今更、過去に登場した団体に所属している(いた)
といっても意外性や驚きって少ないですよね?

そう考えるとまったく別の団体なのかなと。

でその答えはどうやら”領域外の妹”という
意味深な言葉を紐解くことでみえてきそうです。

妹を英語にすると「sister」になるのは中学英語で
誰もがご存知のところだと思いますが、短縮形は
「SIS」となります。

SISという言葉は日本人には聞き慣れない言葉ですが、
正式名称をSecret Intelligence Service といい
別名MI6と呼ばれる組織になります。

トム・クルーズ主演のミッション・インポッシブルは
日本でも好評を博している映画ですからMI6なら
聞いたことのある方も多いはず!

“領域外の”という言葉は文字通り日本国外を
意味していると考えられないでしょうか。

この展開であれば読者としてもインパクトがあって
ウケも良いのかなと思います。

ここで領域外の妹がMI6のメンバーだとして、
問題は世良との関係性です。

そのような人物がなぜ世良と行動を
共にしているのでしょうか?

その答えは領域外の妹幼◯化説を当てはめれば
しっくりくると思います。

領域外の妹が世良の母親という設定だとしたら
いかがでしょうか。

世良に対して目上からの立場で話しかける
理由としてもうなずけます。

実の兄である赤井秀一がFBIという組織に
属していることから母親がMI6の一員であっても
何ら不思議ではないですしね。

ということで黒の組織の包囲網が色々と
明るみになってまいりました。

ネット上では幾人ものスパイに潜入を許している
組織を冷やかす節もありますが、そこはあくまで漫画の
世界ということで今後の展開を温かく見守りたいです!

スポンサードリンク