映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

【コナン】2016年の映画20作目は黒ずくめの組織編?展開予想

——————————————

現在、劇場版『真実の銀弾(シルバーブレッド)』なる
予告が出回っているようですが、どなたかが趣味で作った
動画ですので完結というのは誤報です。

シリーズ第20弾というのは節目の回ではありますが、
これで最後だとまだまだ伏線が回収できませんしね…

——————————————

シリーズ最高の興行収入が決定的となっている
シリーズ第19弾の「業火の向日葵」

もはや国民的人気アニメといっても過言ではない
名探偵コナンですが、2016年には記念すべき
シリーズ通算20作目の公開が決定しています。

そこでコナンファンとして気になるのが、
次回作のテーマや内容であります。

「業火の向日葵」終了後にわずかではありますが、
次回作の予告がアナウンスされましたのでその情報を元に
次回作のストーリ・展開を予想してみたいと思います。

次回作の予告内容をご紹介すると、
BARのような酒場が映し出され黒ずくめの組織のジンが

「キール、バーボン、まさかな。」

と二人の存在に疑惑を感じているであろう
セリフがつぶやかれます。

スポンサードリンク

内容としてはわずかこれだけなんですけれど、
否が応でも期待は高まってしまいますよね!

黒ずくめの組織が過去劇場版に登場したのは、

第5弾の「天国へのカウントダウン」

第13弾の「漆黒の追跡者(チェイサー)」

の二作品のみ

20作目は記念作として相当力が入った作品になると
思われるので、テーマに組織を取り上げたのは
個人的にナイスチョイスだと思っています。

何が原因でスパイ疑惑が掛かるのか?

予告のジンのセリフから次回作の大まかな展開を考えると、

CIAのキール(水無怜奈)、公安のバーボン(安室透)に
スパイ疑惑が掛かるのは明らかですよね。

では今まで組織の一員として溶け込んでいた
二人に疑惑が掛かった原因って何なのでしょうか?

キールは過去に組織から不信感を抱かれていましたが、
来葉峠でFBI捜査官の赤井秀一を葬ることで不信を拭いました。

(実際、赤井は沖矢昴に変装して生きていますけど…)

バーボンはキレ者で通っており下手なしっぽは一切出さずに
どちらかというと組織から信頼を得ている印象

次回作はキールとバーボンが同時に疑われている
という点がポイントになってくると思われます。

原作で見落としがあったら申し訳ないのですが、
キールとバーボンはお互いの素性を知らないはずです。

しかし次回作では何らかの理由で二人がお互いの素性を
知ることになり接点ができるのではと考えています。

キールとバーボンが実際に対面でやり取りを行うのか
電話やメール等の通信手段を介してやり取りをするのかは
分かりかねますが、間違いなく二人のコンタクトはあるかと。

FBIや公安は登場するか?

黒ずくめの組織といえばその対抗組織として
真っ先にFBIが挙げられると思います。

チームのボスであるジェイムズ・ブラックや
ジョディなんかも顔馴染みになってきました。

シリーズ18作目の「異次元の狙撃手」は黒ずくめの組織は
登場しませんでしたが、FBIの面々は登場しましたよね。

それらを考慮するとFBIの登場はほぼ確実かと思われます。

その他に組織の対抗馬として登場を期待してしまうのが、
バーボンの所属する公安です。

次回作では疑惑が向けられることから、かつて
キールに対して赤井を葬るよう指示を下したように
ギリギリの駆け引きをジン達は仕掛けてくるでしょう。

そうなった時、助け舟として公安の登場はあるのか?
それとも一切関与しないのか出方が気になる次第です。

キール VS バーボンの展開はあり得る?

上記でキールとバーボンに対して組織への忠誠心を試す
何かしらの駆け引きを仕掛るのではと予想しましたが、

それが

キール VS バーボン

というのは考えられないでしょうか?

キールにはバーボンが組織に潜入しているスパイだと伝え、
バーボンにはその逆を吹き込みお互いに始末を命じるのです。

二人が内通していれば勿論、その指令は筒抜けなわけですが
この命令に二人が従わないという事は自ら疑惑が “黒” だと
証明しているようなものですよね…

ジンならこのような非道な命令を下しかねないと思います。

主人公のコナンの活躍どころは?

ここからがコナンの出番かなと思っています。

コナンはキールとバーボンの両名と顔見知りであり
二人の事情を知っています。

ですからジンの下した難解な指令をうまくかわし、
ジンが納得のいくような落とし所を付けるのが
次回作のコナンの活躍どころなのかなと。

いずれも想像の範囲でありますが、こうしてああだこうだと
展開を予想してみるのは非常に楽しいものですね。

それだけ青山剛昌先生の描くコナンワールドに
どっぷりと浸っている証拠かもしれません。

業火の向日葵が公開中の現在、少し気が早いですが
次回作の特報が待ち遠しい限りです。

純黒の悪夢のネタバレと感想-ラムの右腕キュラソーがオッドアイの女の正体

以上、劇場版名探偵コナン第20弾の予想でした。

スポンサードリンク