映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

【コナン】キュラソーの脳の病気と記憶能力や5色の関係性について

nightmare

早くも劇場版最高傑作の声があちこちから挙がっている
『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』

スポンサードリンク

管理人も公開初日に胸を躍らせながら観賞してきたのですが、
文句なしにめちゃくちゃ面白かったです。

本作では予告の段階から注目の集まっていたオッドアイの女性が、
ラムの右腕でコードネーム”キュラソー”であることが判明しました。

人間離れした驚異的な身体能力とこれまた常軌を逸した記憶能力が
大きな話題を呼んでいますが、今回は映画内で詳しく語られなかった
彼女の病名や5色のカードの関係性について迫りたいと思います。

キュラソーの持つ病名は何なのか?

まずはキュラソーの外見的特徴と作中で描写(説明)された
気掛かりな点を下記にまとめましたのでご覧ください。

①左目が青色で右目が白色のオッドアイ

②髪の毛が全体的に銀色(白色)

③5色のカードを携帯している

④強い光が苦手

⑤生まれつき脳弓(のうきゅう)を損傷している

スポンサードリンク

記憶力が高い病気とは?

nouキュラソーの卓越した記憶力の謎を解明するにあたって、
ポイントになるのは上記の③・④・⑤辺りになると思うのですが、
記憶力が優れすぎている病気にはどのようなものがあるのでしょうか?

色々と調べてみたところ該当しそうなものが3つ見つかりました。

A. 共感覚

共感覚というのは本来見えるはずのない音楽を色として
捉えることができたり、白黒の文字や無機質な数字に
色を感じられる不思議な知覚現象のことをいいます。

しかし「色」と「記憶」という共通項はあるものの、
特に脳の損傷が原因というわけではないようです。

B. 超記憶症候群

別名ハイパーサイメシアとも呼ばれるこちらの病気は
度々テレビ番組などで特集を組まれることもあるので
ご存じの方も結構いらっしゃると思います。

その特徴には勿論、驚異的な記憶力が挙げられるのですが、
どうやらこの記憶力が発揮されるのは個人的に体験した出来事に
限定される場合が多く単純な暗記ものは苦手なようです。

キュラソーは映画内で各国の諜報員リスト(通称ノックリスト)を
脳内にスキャンするように覚え込んでいたり、

元太たちと遊んでいたオセロがひっくり返ったのを
さも元の配置に戻しているかのような描写があります。

ですからキュラソーが持つ記憶力の真相は超記憶症候群の
それとは少しばかり質が異なりそうです。

C. サヴァン症候群

個人的に最も有力に感じたのが、こちらのサヴァン症候群です。

1980年代に公開されアカデミー賞を受賞した映画「レインマン」の
主人公がこのサヴァン症候群で有名ですが、日本でも中居正広さんが
演じた「ATARU」のチョコザイくんがこれに該当します。

目に映るものをまるで写真を撮るかのように記憶できる特殊な能力で、
はっきりとした原因は分かっていないものの、「レインマン」の
モデルとなった人物には脳梁がなかったことが確認されています。

キュラソーが脳弓に損傷を受けていることは先にご紹介した通りですが、
脳弓は脳梁の下の部分にあるのでサヴァン説が濃厚にも思えます。

しかしサヴァン説では腑に落ちない点があるのもまた事実です。

それは記憶のトリガーとして5色のカードを使用していた点と
強い光に対して拒絶反応をみせていた点です。

強い光に関しては東都水族館の観覧車の光や花火に対してみせた
強烈な頭痛が印象的ですが、警察に身元を調べてもらう為に
コナンがスマホで撮影していた場面も非常に気になっています。

撮影時に彼女がみせた拒否反応は単に身バレを恐れたものとも考えられますが、
あれほどのオーバーリアクションが必要だったでしょうか。

撮影は真っ昼間だったのでフラッシュはたかれておらず、
考え過ぎな感も否めませんが、皆さんはどう思われますでしょうか?

脳弓の損傷はミスリードか?

wanaここまで記憶力が高い病気を3種類ご紹介してきましたが、
いずれも完璧に腑に落ちるものではなかった為、
ここで一つ大胆な仮説を取り上げたいと思います。

それは脳弓の損傷のくだりはミスリードではないかという考えです。

この根拠をご説明する前に、キュラソーの外見的特徴を
もう一度おさらいしましょう。

①左目が青色で右目が白色のオッドアイ

②髪の毛が全体的に銀色(白色)

実はこれらの特徴が見られる遺伝子疾患に、
ワールデンブルグ症候群と呼ばれるものがあります。

直接的な原因は常染色体上の遺伝子に異常があった際に発症するようですが、
キュラソーの場合は組織が開発している薬との関係を疑いたくなりませんか?

medicine

新一や灰原(宮野志保)の身体を縮めたアポトキシン4869が
影響しているのかは分かりませんが、

キュラソーの外見をワールデンブルグ症候群にみられるような
設定に仕上げたことやその原因が遺伝子異常にあるという点、

また作中で5色のカードと記憶に関する説明をあえて省いたという
事実を考慮すると、そこに何らかの意図があるように感じてなりません。

ワールデンブルグ症候群自体に記憶力を飛躍的に高める作用はないのですが、
薬の影響もあって異常な記憶力を手にしたとは考えられないでしょうか。

ここまではあくまで個人的な想像であり、本当は色をきっかけに
記憶を引き出すような方法が実在するのかもしれませんし、
脳弓の損傷と強い光に因果関係があるのかもしれません。

(頑張って調べてみたのですが 汗)

キュラソーの病気と記憶能力、5色のカードの関係性について、
映画内では曖昧に終わりましたが、それでも「純黒の悪夢」が
過去最高傑作であることに多くの方が異論はないはずです。

コナン「純黒の悪夢ナイトメア」のDVD発売日やレンタル情報

大岡紅葉(もみじ)は2017年のコナン映画に登場する?

後々、原作の連載でこの辺りがすっきりと明かされることを願って
これからも気長に名探偵コナンを応援していきたいと思います。

スポンサードリンク