映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

映画バクマンは青春の疾走感がサイコー!ネタバレ含む感想

知られざる漫画家の世界を「デスノート」の作者二人が描くとあって
連載当初から大きな話題を呼んだ「バクマン。」

漫画家を目指す主人公の二人を佐藤健さんと神木隆之介さんが
演じた実写版「バクマン。」を観賞して参りました。

映画を観終わった今の気持ちを率直に伝えると、

『悔しい!!!』

の一言であります。

何だっていい、どんな事でも本気になって打ち込めるって
最高だよなーってひしひしと伝わってくる映画で高校時代
何となくモヤモヤと生きていた自分に喝を入れたくなりましたよ。

原作をご覧になったことがある方もそうでない方も
間違いなく楽しめる青春映画に仕上がっています。

「バクマン。」のあらすじや見どころ

ここからは映画「バクマン。」の魅力をより詳細に語っていきたいと思います。

とにかく亜豆がカワイイ!!

まず出だしから主人公の二人を差し終えて亜豆について
言及するのはいかがなものかと思われそうですが、亜豆役を演じた
小松菜奈さんについて触れないわけにはいきません。

小松菜奈さんといえば映画「渇き。」でのミステリアスな印象が
あまりにも強いためキュートなヒロイン役には疑問符でした。
(可愛いというより美人で綺麗な女優さんですよね。)

ですがそんな心配は全くもって不要でした。

何と表現したら良いのでしょうか…

もうふんわりした雰囲気で圧倒的に可愛いんです。

劇場に足をお運びになった男性諸氏の9割以上はスクリーンの
亜豆美保に心を奪われたのではないでしょうか。

サイコー(佐藤健)はシュージン(神木隆之介)から一緒に
漫画家になろうと打ち明けられた際にそこまで乗り気でないのですが、
亜豆から「頑張って!」と声を掛けられたら頑張らないわけにはいきません。

スポンサードリンク

また自分達の漫画がヒットしてアニメ化したら、そのヒロインの
声優役を亜豆が担当するという共通の夢もできて、その夢が叶ったら
結婚しようというまさに漫画のようなストーリー。

こうしてサイコーが作画を、シュージンが原作を
担当するという形で二人の挑戦が始まります。

漫画を描くシーンは全く地味じゃない

二人が目指すは少年漫画の最高峰「少年ジャンプ」

集英社の編集部に直接持ち込むことを決めた二人は怒涛の勢いで
漫画を描いていくわけですが、この描写がとっても躍動的でした。

ただペンを片手に紙につらつらと漫画を描くだけでは、どうしても
映画のシーンとしては単調で弱いですよね。

しかし本作では早送りの技法を用いて真っ白な白紙上に
二人の漫画がどんどん完成していく様子を描写したり、
漫画の登場人物がシロクロのアニメで動き出したりと
観ていて地味さを全く感じずむしろ引き込まれました。

二人と同い年で10年に1人の逸材といわれる新妻エイジとの
ライバル争いも同様の技法で描写されておりバトル漫画のような
白熱した展開でありました。

少年漫画のテーマといえば…

漫画を描くシーンが躍動感たっぷりで見どころの一つであったことは
上述した通りですが、少年漫画のテーマといえば

『友情』『努力』『勝利』

ですよね。

「バクマン。」はご存知の通り実際に少年ジャンプに連載されていた
作品ですから上記が映画のテーマといっても過言ではありません。

ストーリーに記憶違いがあるかもしれませんが、ジャンプへの連載が決定して
サイコーとシュージンの二人が街中を全力疾走するシーンがあるんですね。

このシーンは本作で最も鮮明に脳裏に焼き付いている場面で、
こんなにも喜びを分かち合える仲間がいるって幸せだよなと
青春っていいなとグッと込み上がるものを感じました。

その後、物語はサイコーが過労で倒れてしまい
入院を余儀なくされることで佳境に突入します…

二人の描く漫画が、表紙 & 巻頭での掲載が決定した矢先の出来事。

そしてサイコーの容態を見かねた編集長は二人が高校を
卒業するまで休載するという残酷な決断を下します。

また追い打ちをかけるかのような出来事が続きます。

見舞いに訪れた亜豆から事務所が恋愛禁止を徹底する為、
もう会えないと涙ながらに告げられるのです。

漫画の主人公としてはまさにどん底の状態ですよね。
自分が当事者であればやけくそになって全てを投げ出したい心境だと思います。

しかしサイコーは諦めません。

点滴を振りほどき驚異の執念で作業場に舞い戻り、
表紙 & 巻頭での掲載に間に合わせるべく漫画を描き始めるのです。

シュージンも入院こそしていませんが、不眠不休で疲労困憊にも
関わらずサイコーと二人で懸命に自分達の漫画を描き続きます。

フィクションだとは分かっていても正直身震いしてしまいましたね。

特にサイコーを演じる佐藤健さんの ” 眼 ”
もう修羅ですよ、覚悟を決めた人間の眼は違います。

ただそれでも入稿期限に間に合いそうにないのですが、
ライバルの作家達が二人のサポートに駆けつける展開も
『友情』というテーマを強く感じさせられました。

こうして何とか期限までに作品を仕上げることに成功した二人と
二人を支えたライバル作家、編集者の一行で編集長のもとに直談判に向かいます。

気難しそうな風貌で一度決めたら絶対に方針を変更しなさそうな編集長が、

「『友情』『努力』『勝利』…君たちの勝ちだ。」

(セリフはうろ覚えなのでニュアンスです。)

と言って休載を取り消したシーンは本当に痺れましたよ。

勿論、漫画が原作の映画だってのは百も承知してるんですけど、
どこか無関心で冷めた世の中だからこそ普遍的なテーマが
心を打ち熱い気持ちにさせられるんでしょうね。

主題歌は「新宝島」以外ありえない。

こうしてサイコーとシュージンが手掛ける作品はジャンプの
アンケート結果で見事に第一位を獲得するのですが、
その後は力尽きたかのように人気が衰え打ち切りとなります。

そして場面は高校の卒業式当日に移り変わり教室には
式をサボったサイコーとシュージンの二人。

漫画の世界のシビアさを知った二人ですが、
次はこんな作品を描きたい、あんな作品を描きたいと
和気あいあいと黒板に落書きをするシーンで本作は幕を閉じます。
( 欲を言えば亜豆との展開が観たかったのですが! )

エンディングはサカナクションの「新宝島」が起用されているのですが、
もうこの曲が映画「バクマン。」の世界観にぴったり!!

何を隠そうヘビロテしながらこの記事を書いていますからね(苦笑)

サビを聴いていると二人が全力疾走しているシーンが、
頭の中でリフレインされること間違いなしです。

映画「バクマン。」は青春真っ盛りの中高生はもちろんですが、
青春時代はとうの昔に過ぎたという方でもきっと楽しめる作品です。

今年、最高の青春映画をお見逃しなく!
以上、映画「バクマン。」のレビューでした。

スポンサードリンク