映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

渋谷の街が騒然!映画「バケモノの子」のネタバレ含む感想やあらすじ

「時をかける少女」や「サマーウォーズ」などの
人気作品を次々と手掛けてきた細田守監督による
最新作「バケモノの子」

劇場版の公開よりもひとあし先に鑑賞してまいりました!

スポンサードリンク

冒頭で触れた過去の作品はいずれも記憶に残る
良作であった為、結構な期待値で試写会に望んだのですが
期待を上回る面白さでありました。

ここからはネタバレを含みますが、バケモノの子の
あらすじを紹介しながら感想を綴りたいと思います。

映画化「君の名は。」の感想とネタバレ入れ替わりの秘密が衝撃的!

バケモノの子のあらすじ

物語は人間が住む世界の渋谷とバケモノが住む
渋天街という世界が舞台になっています。

主人公の蓮は両親が離婚し母に引き取られるも、
不慮の事故で一人ぼっちになってしまう。

新しく保護者代わりになる親戚が自宅に押しかけてくるも
信用のおけない彼らに、蓮は家出を決意する。

9歳の少年がたった一人で東京という街で生きていくのは
当然ままならいのだが、そんな時人間界に姿を現していた
クマのバケモノ ” 熊徹 ” と出会う。

今まで見たことのない風貌に恐れおののく蓮であったが、

「おめぇ オレと一緒に来るか?」

という熊徹の言葉が引っかかり後をつけることに。

スポンサードリンク

バケモノの世界に足を踏み入れる

rojiセンター街の外れのビルの狭い隙間から不思議な路地を
抜けていくとそこはバケモノの世界「渋天街」

蓮に気付いた熊徹はその度胸を評価し、蓮を弟子にすることに。

熊徹はバケモノの世界でも指折りの強さを持つが、
粗暴で自己中心的な為、進んで弟子になる者はいませんでした…

対してイノシシのバケモノ猪王山は大勢の弟子を抱え
武術館を主催、議員まで務める人望の持ち主

渋天街には十万にも及ぶバケモノたちを束ねる
宗師というポジションがあり、熊徹と猪王山は
次の候補として目されています。

蓮から九太に

nine
そんな中、弟子入りした蓮は年齢が9歳だという
理由から熊徹に九太と名付けられます。

二人は些細な事で度々いがみ合い口喧嘩が絶えないのですが、
弱さを乗り越えて強くなりたいと願う九太は熊徹との
稽古に懸命に食らいつきみるみる武術の腕を上げます。

月日は流れ…

九太が渋天街に足を踏み入れてから8年の月日が流れ
年齢は17歳に。

背も伸びて筋肉もついた九太は渋天街の誰もが目を見張る
若手剣士の一人に成長します。

ただ自立したい年頃

稽古の内容は自分で決めると宣言した九太に
熊徹が食って掛かります。

そんな熊徹から全速力で逃げ出す九太はいつの間にか
渋天街から人間の世界、渋谷に来ていたのです。

楓との出会い、父との再会

8年ぶりの人間の世界は九太にとっては異質で何より
街中に飛び交う文字に頭がクラクラしてしまいます。
(バケモノの世界では文字を使わないため)

それらから逃げるように訪れた図書館で
女子高校生の楓と出会う九太

library

ひょんなことから二人は意気投合し、
九太は楓に文字を教えてもらうことに

この間も九太は熊徹には内緒で人間界と
バケモノ界を行き来します。

そしてある日、楓から大学受験を奨められその為の
手続きで訪れた区役所で父の現住所を知ることに…

久しぶりに再会した父や楓との出会いで「普通」の
生き方を考え始めた九太は熊徹に、

「…人間の学校に行きたい」

と打ち明けます。

しかし二人は口論になり九太は

「父親が見つかった。そこへ行く。」

と熊徹の元を去ります。

形上は師弟関係ながらも九太の親代わりであった
熊徹は絶句し愕然とうなだれます。

熊徹と猪王山の決着の日

そんな中、宗師の座をかけて熊徹と猪王山が
対決する日がやってきます。

途中、熊徹はダウンを奪われ審判による10カウントで
あわや敗北かというところまで追い込まれるのですが
試合に駆けつけた九太の声援で勢いを取り戻します。

形成を逆転した熊徹は猪王山から勝利を収めるのでした。

猪王山の長男が暴走

二人の見事な決戦に試合会場はわれんばかりの
拍手喝采となるのですが、猪王山の長男である
一郎彦が不意をついて父の◯で熊徹を一突きに…

イノシシのバケモノの子として育てられた一郎彦は
実のところ人間の子であり、猪王山が人間界に訪れた際に
捨て子であった一郎彦を拾い育てたのでした。

九太を弟子にすると熊徹が言い始めた際に、
他のバケモノたちが危惧し反対したのですが、
人間は心に闇を抱えいずれ取り返しがつかなくなる
というのがその理由でした。

ここへきてバケモノの子として育てられながらも
父・猪王山のようにイノシシの風貌と異なる自分に
一郎彦のアイデンティティは崩壊したのでした。

渋谷の街が騒然!結末はいかに…

九太は師匠であり親代わりの熊徹が深手を負わされたことに
怒り震えるのですが、一郎彦を救えるのは同じ境遇にある
自分だけだと覚悟を決めます。

人間界に降り立ち楓に別れともとれる感謝を伝える九太

shibuya

しかし九太を追っていた一郎彦までもが
渋谷の街に忽然と姿を表します。

暴走する一郎彦に当初はテレビ撮影かなにかだと
勘違いしていた通行人もパニックを起こし始めます。

暴走を止めに入る九太ですが、あまりの
強さに為す術がありません…

そんな中、互いの世界に影響を及ぼすことから
渋天街にも異変が起き始めます。

ことの重大さを察した熊徹はボロボロの身体で
ある決断をします。

それは神様に転生し九太と共に戦うということ

しかし、これは熊徹として九太と一緒に飯を食ったり
一緒に稽古をすることが二度とできないことを意味します。

弟子を救うため、息子を救うため付喪神(つくもがみ)に
転生した熊徹は大太刀に姿を変え、九太と同化します。

そして二人の力で闇にとらわれた一郎彦を倒すのでした。

その後、九太は人間界に帰り父親と一緒に暮らし始め
受験勉強で慌ただしい毎日を過ごすのでした…

鑑賞後は温かい気持ちが込み上げてきて家族について
考える良いきっかけになると思いますよ。

この夏、ご家族だったり大切な人と是非映画館に
足を運んでみてください!

面白いアニメのおすすめランキング泣ける笑える名作をまとめました!

映画化「君の名は。」の感想とネタバレ入れ替わりの秘密が衝撃的!

「バケモノの子」のあらすじやレビューは以上になります。

スポンサードリンク