映画・漫画のある生活ムビコミ

映画の感想や漫画の考察を書いています。

2016年の洋画は続編が盛り沢山!公開予定の注目作まとめ

映画の話になるとあなたは邦画派?洋画派?という話題に
しばしば繋がりますが個人的にはどちらも大好き。

しかし巨額な製作費用と最先端の映像技術、
文字通り世界トップクラスの俳優陣達が織りなす
洋画はやっぱり見応え十分ですよね。

スポンサードリンク

2016年の洋画シーンは過去に日本でも大ヒットした
作品の続編やスピンオフ作品が目白押し!

今回はそんな注目作品を一挙にご紹介してまいります。
(続編、スピンオフ以外の公開作品も紹介しています。)

※画像はいずれも前作のものです

2016年公開予定の洋画【続編】

アリス・イン・ワンダーランド 2

youga

2016年7月1日(金)公開

チャーリーとチョコレート工場のティム・バートン監督と
ジョニー・デップが再タッグを組んだことでも話題となった
「アリス・イン・ワンダーランド」

世界的に有名な童話 “不思議の国のアリス” をモチーフにした
作品で6歳の少女だったアリスが13年間の時を経て再び
不思議の国に舞い戻ってくるというお話

3Dでも上映された同作品の映像美はまさにディズニーならでは。

残念ならが続編のメガホンを撮るのはティム・バートン監督では
ないとのことですが白塗りメイクのジョニー・デップは健在です。

スポンサードリンク

スター・トレック 3

youga2

古くは1960年代スタートのアメリカドラマの
リメイク作品として上映された本作

100億円もの巨額な製作費を投じられただけあって
まさにSFアクションの超大作であります。

宇宙という人類未開の地を舞台にしたスタトレは熱烈なファン(トレッキー)
でなくともハラハラドキドキさせられること間違いなし。

スター・トレック 2 (イントゥ・ダークネス)で
超巨大宇宙船が街中に衝突する迫力満点のシーンは
いまだに記憶が色褪せてないという方も多いのでは?

最新作となる第3弾は前作より遥か未来の設定になるそうですよ。

X-MEN アポカリプス

youga3

2016年8月11日(木)公開

アメコミの超人気作品が原作とあってシリーズ第一弾が
公開された2000年には賛否両論あったようですが、2016年に
公開予定の「X-MEN アポカリプス」で通算8作目

近年では日本を舞台にした「ウルヴァリン: SAMURAI」にて
主演を務めるヒュー・ジャックマンと俳優の真田広之さんとの
夢の共演も記憶に新しいところ

2014年公開の「X-MEN: フューチャー&パスト」の劇場版にて
女優の剛力彩芽さんが吹き替えを担当したことも何かと話題を呼びました。

最新作ではミュータントのミスティークとマグニートーの
ロマンスに焦点が当てられるそうですよ。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

youga4

2016年7月9日(土)公開

ウィル・スミスの出世作ともいえる「インデペンデンス・デイ」の
続編が20年の時を経て帰ってきます。

比較的古い映画ではありますが、金曜ロードショーなどで
たびたび放送されていることからご存じの方も多いはず。

全米に突如現れた巨大なUFOの数々が圧倒的な戦力差を
見せ付けたシーンはとってもセンセーショナル

残念ながら続編にウィル・スミスが出演することはないようですが、
人類が月に建設した軍事基地なども登場するようで期待を裏切らない
SF作品に仕上がりそうな予感がします。

猿の惑星3

youga5

ご存知の通りオリジナルは1968年に公開された
名作中の名作として知られる「猿の惑星」

そのリメイク作品新シリーズとして始まった
本作もいよいよ第3弾

CGで描かれているシーザー(猿)の表情ひとつひとつが
あまりにもリアルで思わず感情移入してしまった方も多いはず。

製薬会社の研究で誕生した驚くべき知性を持った猿の誕生を描いた
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」

疫病の蔓延で廃れてしまった人間社会と猿の社会との
衝突を見事なアクションで描いた「猿の惑星:新世紀(ライジング) 」

第3弾の詳しい詳細が待たれます。

キャプテン・アメリカ シビル・ウォー

youga6

2016年4月29日(金)

キャプテン・アメリカの第3弾として位置づけられる
最新作はアベンジャーズを越えたと言っても過言ではない程の
超豪華オールスターが揃い踏み!

日本でもお馴染みの人気キャラクター、
スパイダーマンも登場しちゃうんです。

気になるストーリーですが、ヒーロー達に向けて施行される
” スーパーヒューマン登録法 ” なる法律に関してヒーロー達が
賛成派と反対派の真っ二つに分かれるのだとか。

どのキャラがどちらの立場につきどんなバトルを繰り広げるのか
想像するだけでワクワクが止まりませんよね!?

G.I.ジョー3

youga7

アメリカが誇る世界最強の国際機密部隊 ” G.I.ジョー “の
活躍を描いた最新作

世界中を舞台に怒涛のバトルが繰り広げられた第1弾で
パリのエッフェル塔が無残なまでに倒壊するシーンは
CGだと分かっていても思わず息を呑むほどの迫力

第2弾では大統領の陰謀で窮地に陥ったG.I.ジョーの
サポートとしてアクション映画でお馴染みのブルース・ウィリスが
登場したことで大きな話題を呼びました。

最新作で脚本家を務めるのは「ザ・シューター 極大射程」
などの代表作で知られるジョナサン・レムキン

こちらも詳しい詳細が待たれる作品であります。

ボーンシリーズ第4弾

youga8

誰しもが完結と信じて疑わなかった「ボーン・アルティメイタム」の
公開から9年の時を経て2016年にシリーズ第4弾が公開されます。

マッド・デイモン演じる記憶を失った主人公ジェイソン・ボーンは
日本では馴染みの薄いスパイという役どころ

記憶は失っても抜群の知性と身体に染み付いたと格闘センスで
迫り来る追手との息継ぐ暇もないアクションシーンが印象的

シリーズを通しても見どころであった緊張感溢れる
カーチェイスが最新作でも観られることを期待!

ファインディング・ドリー

youga9

2016年7月16日(土)公開

日本国内だけの興行収入で100億円を突破した
あの超人気キャラクター達が帰ってきます。

ファインディング・ニモの続編となる本作は前作から
6か月後が舞台になる模様

マーリンが人間に捕らわれてしまった息子のニモを探す旅路で
出会った個性的でユニークなナンヨウハギのドリーが主人公

地球の表面の3分の1を占めるといわれる太平洋を渡る壮大な
旅はハラハラドキドキの展開になること間違いなしでしょう。

前作同様、困難に立ち向かう勇気や粘り強さに心打たれる
作品になりそうな予感がします。

2016年公開予定の洋画【スピンオフ編】

ハリーポッター「幻の生物とその生息地」

ご存知、世界的大ヒット作品ハリーポッターのスピンオフ作品が
2016年から1年おきに合計3部作で公開されるとのこと。

ホグワーツの教科書 「幻の生物とその生息地」 をもとにした
作品のようで同名の書籍が書店でも発売されていました。

youga10

キャストも一新されますしどんな世界観になるのか
期待が高まります。

スターウォーズ(スピンオフ)

youga11

2016年は世界的ヒット作品のスピンオフ作が相次ぎますね。

ハリーポッター同様全3部作での公開予定のようで第1弾の監督は
ハリウッド版3Dゴジラを手掛けたギャレス・エドワーズ監督が
メガホンを撮るとのこと。

こちらも詳細が待たれます。

その他、2016年に公開予定の映画

ザ・ウォーク

youga111(出典:http://movie.walkerplus.com/mv56468/)

2016年1月23日(土)公開

今は倒壊して跡形もなくなってしまった「世界貿易センター」

この二つの建物を命綱なしで綱渡りした実在の男を描いた作品。

この手の命知らずって当人より観ているこちらが
ヒヤヒヤしてしまいますよね…

アメリカには高層ビルを素手でよじ登る人がしばしば登場し
メディアを賑わせていますが、スパイダーマンかなにかの影響でしょうか。

ブラック・スキャンダル

youga112(出典:http://movie.walkerplus.com/mv59007/

2016年1月30日(土)公開

ジョニー・デップ主演のクライム映画で実在した
マフィアのボスを描いた作品とのこと。

FBI史上最高額といわれ彼の首には日本円にして
2億円の値がついたそうです。

日本でも有力な情報には1000万円といった指◯手配を
見掛けることがありますが、さすがアメリカ規格外です。

オデッセイ

youga113(出典:http://movie.walkerplus.com/mv58655/

2016年2月5日(金)公開

主演のマッド・デイモンのファンならずとも宇宙好きには
たまらない作品ではないでしょうか。

舞台は人類未踏の惑星である火星

火星に取り残されてしまった主人公をマッド・デイモンが演じ、
彼を救出すべくチームが一丸となる物語。

話は変わりますが、オランダのある団体が火星への片道切符を条件に、
世界中から旅行者を募集しているのがネット上で話題になりましたよね。

片道切符とはもう二度と地球に帰還できないことを意味しますが、
それでも応募が殺到したのだとか…

映画「オデッセイ」で描かれる極限の状況を垣間見ても
果たして彼らは応募したいと思うのでしょうか…気になります。

洋画のおすすめランキング人生に彩りを添える名作100選

2017年公開予定の映画(邦画/洋画)で絶対に観たい作品を厳選

【編集後記】

2015年の洋画シーンも「ターミネーター」や「アベンジャーズ」、
「ジュラシックパーク」に「ミッション・インポッシブル」…等々

数多くの続編が公開されましたが2016年はそれ以上に
盛り上がりをみせる1年になりそうですね。

毎月のように映画館に足を運ぶことになりそうです(苦笑)

スポンサードリンク